建築構造設計会議室
建築構造設計に関する事なら何でもどうぞ。【ホーム⇒】http://arc-structure.sakura.ne.jp
1 / 2 / 3 /
とらす
ラチス 記事数 [8]最終更新日時 [2018/02/23 18:37:01]
応力算定時ラチスの両端をピン(HTB)の時と固定(溶接)では上下玄材への影響はありますか?
▲ page top
裁量労働制
3K 記事数 [3]最終更新日時 [2018/02/22 16:01:35]
いま国会でわだいの裁量労働制ですが、構造設計事務所はあり?なし?
▲ page top
地下室
KTA 記事数 [17]最終更新日時 [2018/02/22 20:04:34]
今回初めて鉄骨造で地下1階アリの物件をする事になりました。
そこでアドバイスが欲しいのですが!
 地下階の壁やドライエリアの壁の検討には土圧のほか水圧を考慮するのでしょうか?
擁壁のように水抜き穴を設ける事ができないので、水圧も考慮するのでしょか?
また、地震時の土圧の検討はどうでしょうか?
アドバイス、よろしくお願いします。
▲ page top
吊り荷重
ホィ 記事数 [19]最終更新日時 [2018/02/23 18:40:42]
クレーン付工場で偏心率の計算ですが、重心計算は吊り荷は無視して計算してます。御意見お願いします。
▲ page top
構造事務所、働き方改革!
休みなし 記事数 [9]最終更新日時 [2018/02/18 19:16:26]
現場の職人さんも週休2日になるらしい。
http://www.mlit.go.jp/report/press/eizen02_hh_000155.html

構造事務所はどうですか?

お金も欲しいし、若手を育てるには、休みも少なく、数をこなさせるしかない。

時代は、何処に向かってるのか?
▲ page top
この回答って正しいですか?
将来構造屋 記事数 [16]最終更新日時 [2018/02/19 12:12:44]
すみません構造を勉強している学生なのですが
ここでのriver1さんの回答は正しいのでしょうか?
他のサイトとかも見てるとピーク風力係数では隅角部だけでなく一般部と分けて計算しているのも見かけるのですが、よくわからなくて。。


https://okwave.jp/qa/q5480963.html

↓以下の部分です。

帳壁は、建物の出隅から決められた幅長さの縦方向の部分が該当となります。
外壁の仕上げの種類に関係ありません。
帳壁に看板など付ける場合の風圧は、帳壁の計算方で行うということです。
間柱・耐風梁などの補強が適宜になされている場合は、帳壁とはなりません。
普通の壁として計算する事となります。
▲ page top
柱梁接合部の検討
Tu 記事数 [17]最終更新日時 [2018/02/20 23:21:07]
2015年版 建築物の構造関係技術基準解説書Q&Aが更新されています。

https://www.icba.or.jp/kenchikuhorei/

No.65の回答で、柱梁接合部の検討は材料強度に基づく引張力ではなく、
Ds算定時の応力でよくなりました。上層階でかなり楽になりますね。

余耐力法が適用できる状態(「十分に塑性ヒンジが形成される状態」)
までは押しますが、大梁の曲げ降伏より、柱梁接合部のせん断破壊が
先行しないことを確認する必要はない、ということでよいのですよね?
柱、大梁よりも柱梁接合部のクライテリアは低い、ということでしょうか?
▲ page top
S造 梁端拡幅ハンチの設計について
若手 記事数 [14]最終更新日時 [2018/02/14 15:08:19]
お世話になっております。

鋼構造接合部設計指針p.204にて、破断防止を高く意識した接合部設計として、梁端の拡幅ハンチが提案されてます。
方法としては、端部に補強プレートを溶接する形で考えています。
設計例については、例題としてはp.207~209に記載されていますが、
他にこの工法の具体的な設計例が載っている書籍をご存知でしょうか?教えて下さい。
▲ page top
免許証
ママン 記事数 [7]最終更新日時 [2018/02/10 18:35:02]
お世話になっております。
昨年、無事構造一級に合格しました。
登録申請は昨年のうちに済ませたのですが
先輩の皆様、免許書(?)はいつごろ手元に届きましたでしょうか?

地元の建築士会に問い合わせても、今しばらくお待ちください
だけでございます。
おそらく、僕だけじゃなく業務都合上待っている
ひともいるのではと思い、問い合わせた次第です。
▲ page top
適判ローカルルール
JJI 記事数 [37]最終更新日時 [2018/02/21 19:33:44]
福岡の適判に出したのですが

質疑に
『鉄骨大梁のMcrを考慮してください』とあり
回答を
『黄色本の保有耐力横補剛を全部材満足させており横座屈は生じないと考えMcrの考慮は不要』
としました。

後日適判より連絡があり
福岡の各適判機関での取り決めで、黄色本に示される横補剛を満足してもMcrを考慮するように指導している。
学会の塑性指針等では黄色本の横補剛を満足しても横座屈が生じる事が記載されておりMuをMcrに低減してもらう。
部材種別は黄色本の横補剛を満足すれば、母材の部材種別、ヒンジが生じても脆性破壊とせず保持して計算続行でもよい。
と…

え?設計者判断の範疇じゃないのそこは??
静岡みたいに法文化するなら納得できるが…
そもそも横補剛の問題は昔からこの事は問題になってたはずだが黄色本の最新版(2015)は検討式が改訂されてない。

そんな事言いだしたら、一次固有周期の略算式とRt・地域整数Z(0.8)・Dsに対する変形性能など どうなるんだろ。

時間無いのでMcrに低減して提出して確認を下しましたが腑に落ちない。

法文化してなく基準法レベルで求められていない事を強制的に指導ってどう思いますか?

昔あった目安箱的なものって今もあるの?
▲ page top
台湾花蓮地震
昭ちゃん 記事数 [5]最終更新日時 [2018/02/09 19:50:36]
構造ピロティのある建物が主に倒壊してる映像が届いてます。やはり構造ピロティは弱いのですね。
壊れた建物の耐震基準はどのような物だったのでしょうか。ご存じの方は居られますか。
構造ピロティ以外で倒壊したのはどのくらいあるのでしょうか。

現地では2月4日の地震発生以来、今までに30回ほどMw4.5以上(米国USGS情報)の地震が起きています。4.5以下も入れれば数え切れない位でしょう。
震度6から7の地震(ほぼ日本と同程度の揺れらしい)が数回襲ってるから、倒壊もやむをえないですね。

でも救助救出作業の始まりは早かったようです。日頃の準備が良かったのでしょう。

土木構造物にも被害が出ているようですが、まだマスコミ情報はほとんどありません。どんなものが被災したのでしょうか。

最後に。被災地が一刻も早く復興することを願っています。
▲ page top
エクセルが最近、反応遅い
123   記事数 [19]最終更新日時 [2018/02/14 00:48:56]
最初の再計算の時だけです。
皆さんは、どうですか?
WIN10です。
▲ page top
学部
りこう 記事数 [11]最終更新日時 [2018/02/08 11:29:57]
ぽん大学に凄い構造家いるのです。孫も受験です。
▲ page top
キャスポルの正しい利用法
gurannpago/go 記事数 [8]最終更新日時 [2018/02/09 00:27:44]
こんにちは。
キャスポルで測定したインパクト値から換算してφ、Cを算定し、
でこれを告示式に入れて簡単に地盤の許容支持力度が求められます。
私はまだこれを採用した経験はありませんが皆さんはいかがでしょうか?
鵜呑みにはされてないとは思いますが利用上の注意点などはありますか?
あとは確認審査側の取り扱いなどはどうでしょうか?
▲ page top
福井の大雪、積雪荷重の低減なしで良かった
北陸 記事数 [7]最終更新日時 [2018/02/07 12:53:59]
福井で記録的大雪です。積雪荷重の低減なしの設計で良かったですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00010000-wmap-soci

福井市でも130cmは越えているそうですが、150cmの70%低減にしてたら、アウトでした。
▲ page top
構造スリットの施工性について
まこと 記事数 [16]最終更新日時 [2018/02/08 13:16:28]
またまた、スリットのネタですが、技術基準解説書にも袖壁で壁上端のスリットの例が載っています。

現実問題として、壁上端(梁下)スリットの場合、コンクリート打設は出来る方法はあるのでしょうか?

JSCAのスリット指針にも防水に絡む所で壁の中間で水平スリットの例も載っています。

施工的には問題ないのでしょうか?

そもそも、壁中央の縦スリットも嫌がれます。
▲ page top
IT技術
なんで 記事数 [8]最終更新日時 [2018/02/07 09:50:21]
北の技術はなぜすごいのか、南のオリンピックの施設のデザインはなぜすごいのか?日本は負けてる?東京はどうだ?
▲ page top
Mux-Muy相関のα
キリン 記事数 [3]最終更新日時 [2018/02/13 23:31:48]
矩形RC柱はα=1.4
角形鋼管はα=2.0
と見かけますが、参考文献教えてください。
▲ page top
無開口壁の構造スリットの入れ方
SH 記事数 [30]最終更新日時 [2018/02/06 22:13:27]
教えて下さい。
無開口壁の左右及び下端の三方に構造スリットを入れた場合、垂れ壁としての剛性を梁に考慮しないとならないですが、この影響による応力集中は少なくありません。

全く剛性を考慮しないで済むようにしたいのですが、スリットはどのように配置すれば良いのでしょうか?

壁の中央の縦にもスリットを入れていたのですが、それで剛性をゼロに評価するのはダメだと適判から指摘をされてしまいました。

皆さんは、どのように対応していますでしょうか?
▲ page top
木造の超高層
  記事数 [11]最終更新日時 [2018/02/05 22:34:08]
トップページのニュースに竹中工務店が木材の2時間耐火認定を取得して、木造14階建てが可能になったとあります。
他にも3時間耐火で超高層とか。

技術的には凄いと思いますが、14階建てとか、超高層を木造で作ってもらって、嬉しいですかね?

クライアントは。
▲ page top
杭頭補強筋は地中梁に定着
ますだ 記事数 [22]最終更新日時 [2018/02/02 23:18:30]
大阪の適判事例「5.11 フーチングが下っている場合の杭頭曲げ応力の伝達」によると以下になります。

・杭頭補強筋の必要定着長は地中梁下端からとする。(基礎と地中梁は杭頭補強筋が納まるだけラップさせる。)

上記が満足出来ない場合は下記の2つの方法のどちらかとする。

・バットレスを付ける。

・柱配筋で杭頭曲げ応力処理の検討をする。複数本打ちの杭基礎の場合は基礎配筋で柱まで応力伝達の検討をする。

あつてますよね。
▲ page top
横並び3本打ちの杭基礎
今年から一級建築士 記事数 [28]最終更新日時 [2018/02/03 16:46:12]
以下にアップしました絵のような横並び3本打ち杭基礎は荷重が均等に作用しない、柱直下の杭が沈下しないと外側の杭が効かないから、ダメだと言う人が居ますが、皆さんはどうでしょうか?


http://arc-structure.sakura.ne.jp/cgi-bin3/src/up0315.pdf

Bのような複数本打ち偏心基礎はさすがに荷重が均等に作用するとは思えませんが、横並び3本打ちがダメであるなら、Cの5本打ちもダメだと言う事になります。

横並び3本打ち杭基礎について設計上、注意する部分を教えて下さい。

ついでですが、Dのような杭と基礎が偏心している杭基礎はありでしょうか?
▲ page top
柱断面の絞り寸法
かか 記事数 [8]最終更新日時 [2018/01/29 21:21:54]
下の話にも通じますが、柱断面を上下階で絞る時、XY両方に絞るのは配筋が出来ないなどと配筋指針には書いてありますが、本当に出来ない、難しいのでしょうか?

また、両側25mm ずつ(合計50mm)の絞りも出来ないのでしょうか?

別に出来ない事ないと思うのですが。

じゃないと柱絞れないですよ。
▲ page top
梁主筋の定着板使用
記事数 [8]最終更新日時 [2018/01/31 22:42:19]
梁の鉄筋径が太くなった場合、柱への定着はどのような仕様にされますでしょうか?

普通に0.75D、90度折り曲げ定着ではなく、定着板を使用するのは、いくつの鉄筋径からでしょうか?

柱の大きさと鉄筋本数にもよりすが、D29は定着板を使用すべきでしょうか?

コストの関係もあり、極力は使用したくないです。しかし、全ての仕口で納まり検討するのも時間がありません。と言うか、納まり図を書いたら、納まらないのが多いような気がして。
また、現場で見ると定着板による定着は気持ち悪い。本当に効くのかと思ってしまいます。

皆さん、どの鉄筋径から定着板仕様としていますか?
それと水平投影長さは、0.75?、0.80?
▲ page top
構造スリットで不安定になっているRC壁
教えて 記事数 [14]最終更新日時 [2018/01/25 21:09:19]
構造スリットを入れた壁で不安定な感じになっている設計を見掛けます。

こう言う壁を出来た後に手で押したら、動くなんて事はないのでしょうか?
▲ page top
どこのソフトでしょうか?
ユーザー 記事数 [10]最終更新日時 [2018/01/23 20:54:58]
70%以上のシェアを占めているのは。
▲ page top
届きました。
確認 記事数 [9]最終更新日時 [2018/01/24 10:57:20]
鋼構造設計便覧2013

見出しラベル付き。
2004年版使ってました。
▲ page top
芯々
小梁 記事数 [18]最終更新日時 [2018/01/23 10:03:15]
S造小梁は大梁スパンにて計算しますが、HTBTの取りつくBT間での計算は如何でしょうか。?
▲ page top
SN400の梁は一般に入手できますか
確認 記事数 [9]最終更新日時 [2018/01/18 21:06:49]
いままで梁はSS400としてきましたが、
状況は変化していますか。
▲ page top
柱状改良杭配置で人通口の考慮
人通口 記事数 [11]最終更新日時 [2018/01/19 09:46:16]
木造の布基礎で柱状改良を行う場合、柱状改良杭の配置で
人通行を無視して配置し地中梁ありとして計算しますか?
それとも、人通口部分は地中梁なしとして計算しますか?
木造経験豊かな方ご意見をお聞かせください。
私は地中梁なしで計算していましたが、柱状改良の業者は人通口は考慮していませんとの回答でした。
▲ page top
高力ボルト計算
yukihiro 記事数 [8]最終更新日時 [2018/01/19 12:09:55]
建築学会の高力ボルト接合設計施工指針などに書かれている

Ip = 1/12・m1・m2{p12(m12−1)+p22(m22−1)}

で、Ipの(つまり断面2次極モーメント)の式が理解できません。
Ipの式がどのようにできたか、ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?
▲ page top
告示80号
積雪深割り増し 記事数 [10]最終更新日時 [2018/01/16 19:12:20]
H30告示80号が交付されました。お忘れ無きよう.
今日の官報号外に出ていました。
▲ page top
告示1455号
垂直積雪量 記事数 [4]最終更新日時 [2018/01/16 08:49:03]
d=α・ls+β・γs+Yのγsはどのように計算すれば良いのですか?R=20でα=0.0052、β=-3.22、Y=2.65です。
▲ page top
各種建材の選択基準って、何ですか?
貧乏父さん 記事数 [13]最終更新日時 [2018/01/15 14:13:54]
各種建材の選択基準って、なにですか?

鉄骨露出柱脚、高強度せん断補強筋、杭工法、木造金物、スリーブ補強筋、各種鉄筋工法(定着版など)、免震装置、制震装置、デッキスラブ、等々。

メーカーリベートって、あるのですか?
▲ page top
屋根面ブレースの配置
島の鹿 記事数 [10]最終更新日時 [2018/01/17 10:18:32]
奈良のスターバックスのニュースを見ていて、屋根面ブレースが妙な配置になっているのが気になりました。
剛床仮定から全面に渡ってブレースを配置するのが常道だと思うのですが、映像見ると建物の内外とも妙な間引き配置になってますよね。
こういう配置、他の実例や設計意図について ご存知でしたら教えて下さい
▲ page top
「BST-G」って
non 記事数 [8]最終更新日時 [2018/01/11 11:55:23]
今でもあるのですか?
DOS版の時は使っていたのですが。
▲ page top
奢れるユニオンシステム  序章
SS3ユーザー 記事数 [25]最終更新日時 [2018/01/15 12:27:35]
この会社は新製品のSS7をリリースしてからと言うもの、
SS3のメンテナンスを目に見えてしなくなった。
たまのバージョン変更はバグ取りと、お茶を濁したようなちょろっとUp。

2015年技術基準解説書に未だに完全対応していない。
「他にもやらないことがあるので順番にやっていく」との事。
ユーザーを馬鹿にしていると思いませんか。
2年以上も放置しておいて、そんな言い訳はもう通用しない。


建材販売会社いわく
新旧2本のソフトに組み込んで欲しいなら、
料金は2倍よこせと言われている。
SS3はもうやる予定がないSS7が優先と公言する。

SS3ユーザーがもうあまり居ないのならともかく、
何を言うのだと建材営業マンはこぼす。

建材営業マンが対応策を説明に廻って来た後、
ユニオンの営業担当が、速攻火消しに回って来た。
そして子供のような言い訳を繰り返す。
どこかに書かれていたが、ブラックとのそしりを受けても仕方あるまい。


ユーザーの取り得る方策は
・メンテナンス不履行で訴訟を起こす(集団訴訟の方が良いかも)
・メンテナンス料金の不払い運動を起こす。
・メンテナンス料金の引き下げを要求する。
この3点くらいか

いろんな方面からの情報で、SS3ユーザーがまだまだ多い事はわかっている。

皆さんのご意見をお聞きしたいです。
▲ page top
2本打ち杭基礎の捻れ検討
まこと 記事数 [8]最終更新日時 [2018/01/10 20:37:50]
杭負担水平力による2本打ち杭基礎のフーチングの捻れの検討ですが、大阪の適判事例では、地中梁のない側のみとなっていますが、日本建築センターの「構造計算適合性判定を踏まえた建築物の構造設計実務のポイント」では、地中梁が取り付いている場合も検討が必要と書いてあります。

どちらが妥当なのでしょうか?
▲ page top
ミス
阪大 記事数 [7]最終更新日時 [2018/01/08 17:05:32]
物理の問題難しいな。
▲ page top
パソコン
64ビット 記事数 [11]最終更新日時 [2018/01/04 21:10:31]
今年は新しくしなければ、
32ビットは使えないらしい。
▲ page top
H30
新年 記事数 [6]最終更新日時 [2018/01/03 21:43:04]
新年あけましておめでとうございます。
人生すべて二刀流です。
▲ page top

名前  (20文字まで)
メールアドレス  (半角英数記号255文字まで)
タイトル  (40文字まで)
本文  (1500文字まで)
編集キー  (半角英数字4文字から8文字まで)

 

WebKitユーザID パスワード