建築構造設計会議室
建築構造設計に関する事なら何でもどうぞ。【ホーム⇒】http://arc-structure.sakura.ne.jp
1 / 2 / 3 /
鉛直荷重に対する耐風梁の設計
教えてちゃん 記事数 [13]最終更新日時 [2019/04/18 22:49:42]
H鋼横使いで耐風梁で外壁荷重も受ける場合、端部ジョイントの検定において鉛直方向のせん断の検定はGPL・HTBに対してどうするのが普通ですか?
▲ page top
スラブ筋
兆さん 記事数 [14]最終更新日時 [2019/04/19 05:55:37]
スラブ筋で作業性のためよくD10とD13を交互に配筋しますが
あれは構造の段階でそれで計算しているのでしょうか?
それとも施工側の判断でD13をまぜているのでしょうか?
それだと釣合い鉄筋比以下が成り立たなくなる可能性がありますよね?
▲ page top
建築材料
単管 記事数 [10]最終更新日時 [2019/04/19 05:12:51]
足場用の単管パイプとクランプで90uの平家の倉庫は法22条地域で建築可能?
▲ page top
保有耐力横補剛
アホの子 記事数 [11]最終更新日時 [2019/04/18 16:53:16]
保有耐力横補剛を満足するなら横座屈しないのでfbを下げる必要は無いんじゃないですか
▲ page top
B.PL下はモルタル?コンクリート?
イチロー 記事数 [19]最終更新日時 [2019/04/16 10:01:17]
露出柱脚のせん断力ですがアンカーは別としてベース下面について。

許容では
「B.PL下面とモルタル又はコンクリートの摩擦力」

降伏せん断では
「B.PL下面とコンクリートの摩擦力」

で降伏せん断ではモルタルがありません。。なぜでしょうか?
通常B.PLとの下面は無収縮モルタルですし。
▲ page top
柱絞ってますか〜
ガラパゴス 記事数 [9]最終更新日時 [2019/04/15 09:41:49]
S・RC(一応SRCもか)で、上階の柱サイズって絞ってますか?

絞った方が構造的には安く・軽くはなりますが、納まり・施工やプラン(間取とかサッシュとか)考えると、サイズは変えずにS:肉厚 RC:FC 変えてるのが殆どですよね

縦方向に整形プランな雑居ビルや集合住宅だとして、皆さんは何階建てなら絞りましたか?絞りますか?
▲ page top
KIZUKURIの更新
意匠屋 記事数 [4]最終更新日時 [2019/04/11 15:58:34]
木造の構造計算はたまにしかないので
2017年版グレー本以前のキズクリV6ですが
更新しないで確認申請は可能でしょうか?
▲ page top
細長比
ほそながひ 記事数 [5]最終更新日時 [2019/04/08 10:02:38]
「さいちょうひ」って言う人がいるけど、
そう言うの。
▲ page top
素朴な疑問
こちらも受験生 記事数 [13]最終更新日時 [2019/04/09 07:51:38]
S造のDs算定ですが、なぜブレスはBD材が存在しないのでしょうか?
λにより圧縮側で座屈が起きるので脆性材としてBDがあってもよさそうな気がするのですが。
▲ page top
材料強度1.1倍
受験 記事数 [10]最終更新日時 [2019/04/08 01:40:51]
一級建築士の問題で

保有水平耐力を算定する場合、JISに定めるものについては、材料強度の基準強度を1.1倍まで割り増すことができる

正答は丸ですが、

許容応力度の算定時、F値の割り増しはOKでしょうか。

告示を見る限りOKなのですが。

そもそも、なんで、試験問題で、保有水平耐力算定時と前置きがあるのでしょうか。。。実務での取り扱いについて、ご意見お願いします。
▲ page top
記事数 [12]最終更新日時 [2019/04/08 12:10:14]
柱450角、梁H-500x200の外周部の梁は柱芯又は外面に設計か?外装はALC、4階建屋です。
▲ page top
鉄筋コンクリート造   設計ルート1
平成最後の1級建築士合格者 記事数 [13]最終更新日時 [2019/04/06 11:02:34]
鉄筋コンクリート造の設計ルート1について、

建物全体をスリットなしですると偏心率が1.5オーバーするので、なるべく超えない様にしていたら、

耐震壁以外、全てスリットが入る様になりました。。。

これは、ルート1としてOKなのか???

耐震壁が全くないと、ルート1は適用できないのは、知っているのですが、耐震壁と単独の柱のみは適用可能なのか。。。

どなたか、教えて下さい。
▲ page top
壁面ブレースの偏心
pop  記事数 [22]最終更新日時 [2019/04/05 17:54:20]
桁行方向がブレース構造で柱心とブレース位置が偏心する場合、
柱脚のねじれに対する検討はどのようにすれば良いのか教えてください。

回転モーメントをアンカーボルトのせん断耐力で処理すれば
良いと思うのですが、具体的な検討例があれば教えてください。
▲ page top
地中梁の定着
エーティー 記事数 [6]最終更新日時 [2019/04/04 08:10:17]
柱より梁幅が広い場合、主筋の定着は変わるのですよね。
柱増打ち部のところは、上階の定着と同じようになるんですよね。
増打ち部の定着の標準図はありませんけど。
▲ page top
いまさら
令和 記事数 [6]最終更新日時 [2019/04/06 23:45:53]
モーメントの和は同じです。ベースに認定品使用しても、しなくても仕事量はおなじなんです。和
▲ page top
4月1日
APF 記事数 [7]最終更新日時 [2019/04/01 17:06:45]
▲ page top
□柱の耐力
記事数 [12]最終更新日時 [2019/04/03 16:22:49]
45度での加力では断面性能が低いとかいてある。
だから、梁の1.5倍耐力を確保する。
しない場合は、保有耐力を確認する。
その場合、通常の保有耐力の計算で良いだろうか。
▲ page top
剛性
回転 記事数 [8]最終更新日時 [2019/03/31 09:11:42]
秋山式の理論でアンカーボルトLbが長いとKbsが小さいのかな?分母にあるとはいえ。
長ければ付着が大きとおもいますが。
▲ page top
鉄骨造4階建て
問い合わせ 記事数 [6]最終更新日時 [2019/03/31 09:52:18]
技術基準のルート表では、高さ31m以上がルート3になっています。
ここには階数の制限はありません。
ですのでルート2として計算して良いでしょうか。
その際、確認申請の提出は「ルート2主事」の確認検査機関で受けてもらえるところで良いでしょうか。
▲ page top
コンクリートブロック塀 告示について
平成最後の1級建築士合格者 記事数 [19]最終更新日時 [2019/04/01 18:13:51]
コンクリートブロック塀について、質問です。
平成12年建設省告示第1355号 二号イ 地震力に対する構造検討について、
Csi≧0.3Z(1-hi/h)
hi(補強コンクリートブロック造の塀の地上部分の各部分の地盤面からの高さ)
h (補強コンクリートブロック造の塀の地盤面からの高さ)
とは、何ですか???
仮に地盤面GLから、基礎の立上りがGL+100、補強コンクリートブロック最上段の天端がGL+800だとしたら、
h =800?
hi=800?700?
どの部分を示しているのか、告示ではわかりません。
どなたか教えて頂けないでしょうか。
▲ page top
主働<静止
土圧 記事数 [9]最終更新日時 [2019/03/30 09:37:11]
ドライエリアは主働土圧作用し、梁で支持されて変形しない壁は静止土圧ということですか?
▲ page top
MOKUZO.Designer
匿名 記事数 [7]最終更新日時 [2019/03/29 11:28:13]
計算内容は他のメーカーと変わらず。
入力操作方法は最低極まりない。
この会社のソフト入力はこんなのしか作れないんだ。
▲ page top
設計業務内定書につきまして
money 記事数 [24]最終更新日時 [2019/03/27 17:24:34]
お世話になっております。

皆さんは、設計をされる際、お施主様と業務設計の契約書を
あらかじめ行うものだと思います。

今回、初めてのことでお恥ずかしいのですが、その前の段階
で、『設計業務内定書』をお施主様と取り決めを行おうと
おもうのです。というのも企画設計段階からお施主様との
お付き合いをしておりましたが、簡単に言えば、浮気しないでね。
という確約をいただきたいと思ったからです。
簡単な図面で建物規模まではおおむね合意に至っております。
皆様は、このような経験がおありでしょうか?また、書式が
ありましたら、よかったら参考にさせていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
▲ page top
桜咲いたか
晴天 記事数 [2]最終更新日時 [2019/03/26 15:39:08]
少し咲いた
でも、寒い
▲ page top
RC
耐震壁 記事数 [14]最終更新日時 [2019/03/25 10:40:05]
柱、梁、床があれば耐震壁ですが、吹き抜け部等で床無くても耐震壁としてよろしいですか?
▲ page top
鉄骨造間柱下の1本打杭
指摘 記事数 [16]最終更新日時 [2019/03/25 13:27:46]
杭頭固定ですか。
その場合杭頭曲げモーメントは基礎梁のねじりで処理、
その梁の直交梁でねじりモーメントを曲げで負担ですか。
それとも、杭頭ピンで良い?
▲ page top
マイホーム
マイホーマー 記事数 [17]最終更新日時 [2019/03/26 13:38:26]
構造専業の方のマイホームは自分で設計しましたか?
人に聞くことではないかもしれませんが、参考に聞きたいです。
▲ page top
既存コンクリート杭
あをあらし 記事数 [14]最終更新日時 [2019/03/20 10:33:52]
30年前の場所打杭の再利用
1、目視、杭頭調査する
2、中性化試験する
3 鉄筋引っ張り試験する
4、コンクリート圧縮 せん断試験する
5、支持力 算定を現行基準でする
6、解体 直後、杭頭変位測定する
7、杭 間のボリング調査する


成否を含め、他に何が考えられるでしょう
▲ page top
木造集成材梁にエスカレーター取付
24136 記事数 [12]最終更新日時 [2019/03/15 15:44:29]
木造2階建の仮説建築物(パビリオン)のプラン相談を受けており、エスカレーターの設置を検討してほしいと要望がありました。(1階高6380mm)
某設備メーカーに問い合わせしたところ、木造での対応したことがないとのこと。
エスカレーター上部の取付を2階床集成材梁に留めようと検討しているが、どのような納まりがいいか教えてください。
また、他の方法での留めつけかたがあれば、教えていただけると助かります。
▲ page top
基礎の根入深さは
ガラパゴス 記事数 [8]最終更新日時 [2019/03/29 09:57:36]
建物高さの1/10〜1/12程度は必要‥ってのが構造設計界隈では一般的な見解かと思います。あまりに浅いと、確認機関などから「大丈夫?検討してる?」旨の指摘がくる事もあります。

が、木造やプレハブの基礎ってもっと浅いのが普通ですよね。階数,建物高さが変わっても平屋と同じ、3階建てでも300〜せいぜい450ってのがザラにあります。
4号はともかく、木3なら確認機関などの構造審査も入ってるはずですし、都心などの狭い木3だと転倒・浮き上がりの懸念もあります。確認機関に聞いても「慣行が慣例がムニャムニャ」でハッキリせず

・害は無い→ならSやRCで求められるのは何故?
・害はある→木3とかで見逃されるのは何故?
と矛盾しますが、実際の所どうなんでしょうか?
▲ page top
耐力比
陸立柱 記事数 [13]最終更新日時 [2019/03/15 20:24:36]
柱脚は最下部柱に該当しますか?そうであるなら柱梁耐力比は省略できますね。
▲ page top
木造3階 梁上の耐力壁
木造士 記事数 [8]最終更新日時 [2019/03/14 10:40:23]
改訂された「木造軸組工法許容応力度設計2017」を改めて読み直して気付いた点がありました。梁上に載る耐力壁は2次梁までが適用範囲で3次梁は適用外となっています。

ワ−ニング(ソフトKIZUKURI)でも指摘がなく見落としていました。
プラニング上柱を追加することも出来ず、変に外壁の一部を非耐力壁扱いするような解決策しか思い付きませんが、皆さんは、どのような意見がありますか?
▲ page top
耐震改修の努力義務
耐震 記事数 [8]最終更新日時 [2019/03/12 13:07:03]
できない場合は、しかたがないとなりますか。
違反した場合、罰則は?
▲ page top
構造計算はFq値で行ってもいいのですか?
衣装屋 記事数 [20]最終更新日時 [2019/03/30 10:25:59]
すみません意匠屋です。
素朴な疑問なのですがFcは構造計算において基準とした強度で、この強度で計算しているわけですよね。
そこで実際に欲しい必要なコンクリート強度は耐久設計基準強度Fdもあり、こちらで決まった場合はFd値が品質基準強度Fqとなって求める強度になるわけですよね。
と言うことは実際にコンクリートのベースとなる強度はこのFqなわけですからFqで構造計算しても構わないのでしょうか?
▲ page top
プリツカー 記事数 [7]最終更新日時 [2019/03/08 12:22:30]
国立競技場の方は何時受賞しましたかな。聖火台で表彰状?
▲ page top
ベール梱包
床荷重 記事数 [28]最終更新日時 [2019/03/08 09:04:21]
産廃処理場の12トントラック専用プラットホームでの設計床荷重は30kN/uくらいでしょうか、それとも学会荷重指針にあれば教えてください。
▲ page top
骨組内にある壁体の重量
新米新米 記事数 [16]最終更新日時 [2019/03/10 14:16:24]
RC構造計算規準(日本建築学会)9条骨組の解析
2.骨組内にある壁体の重量は、直接柱に伝わるものとみなすことが出来る。ただし・・・・
この項について質問です。
とある審査機関で、ここで言う壁体は耐震壁のことであり、耐震壁とならない壁の場合、壁体重量は梁を経由して柱に伝達すると言われました。
しかし規準を読んでも耐震壁限定のことを言ってるようには思えず、かといって解説も理解できず困っております。
皆様はこの項についてどのような解釈をされていますでしょうか。
直接柱に伝わるものとみなすことが出来る壁体とはどのような条件の物でしょうか。
教えて下さい、宜しくお願いします。
▲ page top
鉄骨梁中幅で400せいだけ非FAなのは‥
ガラパゴス 記事数 [12]最終更新日時 [2019/03/06 10:21:08]
H型鋼の中幅で、SS400級を梁材として使う場合、400の中幅(H390x300)だけFB材ですよね。ルート2に収めようと思うと、直交梁サイズと柱梁仕口納まり(段差100とか150確保)の関係で、梁せい選択で結構引っ掛かる場合があるなぁ‥と感じています。

裏サイズのように、少し調整してやれば400せい中幅のFA材を作る事は容易かと思うのですが、そういう動きは無かったのでしょうか?
リスト見てると、H390x300だけFAではないので、疑問に思いまして
▲ page top
黒い津波
昭ちゃん 記事数 [5]最終更新日時 [2019/03/06 14:59:44]
3月3日夜のNスペ。

押し寄せる黒い水を保管していた人が居た。比重約1.2。
衝突荷重は比重に比例すると考えていたが、人工津波実験をしたら、衝突荷重は海水だけの時の約2倍の結果か出たそうだ。

比重の重い黒い津波は普通の波と違って先端が山のように盛り上がって攻めて来るし、水面下の海底から一斉に水が動くから、必然的に衝突面積も大きくなり衝突荷重も大きくなるのだろう。

一般的木造家屋なら2〜3m浸水したら流れると言うことが基本的に判ってると言ってる(24m30s辺り)。津波で流れるときのことかな?。洪水で流される場合も同じ?。

重い黒い津波は、建物を今まで考えていたより大きい力で押すと同時に、浮力も大きいが浮き上がりやすさも大きくなる。今までの耐津波対策は不足するだろう。

黒い津波の衝突荷重が考えられているより大きいと言うことが判ったけど、耐津波設計基準はどうなっているのだろうか。調べてみよう。
▲ page top
ASTIM買おうか迷ってます
FUKU 記事数 [11]最終更新日時 [2019/03/26 15:21:57]
ただいま、ASTIMの購入を考えています。
在来軸組工法の建物で変形した物が多く、ASTIMのカタログを拝見していましたら対応が出来そうなので購入を考えています。
概らにASTIMを使用されている方から、操作性、計算・出力内容など教えて頂けませんでしょうか。
よろしくお願いをいたします。
▲ page top
梁の設計用せん断力の割り増しで扱う長期荷重
滝太郎 記事数 [11]最終更新日時 [2019/03/04 14:09:42]
RCのルート1や2の柱、梁の設計用せん断力の割り増しで
QL+nQEとQ0+Qyの小さいほうの値を用いることとなっていますが
この中でQLが長期荷重によるせん断力でQ0が単純支持としたときの長期荷重によるせん断力ですが
この長期荷重によるせん断力QLと単純支持としたときの長期荷重によるせん断力Q0は
固定だろうが単純支持だろうが長期荷重ならQL=Q0で結局同じことではないのでしょうか?
なぜあえて分ける必要があるのですか?
▲ page top

名前  (20文字まで)
メールアドレス  (半角英数記号255文字まで)
タイトル  (40文字まで)
本文  (1500文字まで)
編集キー  (半角英数字4文字から8文字まで)

 

WebKitユーザID パスワード