深谷陽掲示板
先頭/ 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 末尾
ぷいぃ…
フカヤ 2009/06/26 01:17:41
三時までやったら一旦寝ます。
あと1日。
ふぁいっおー。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: 子供たちの反応は?
bego 2009/06/22 21:59:18
>もしかして、begoさんは教鞭をとっておられる方??
滅相もないです。僕は鞭でシバいたりシバかれたりする趣味が
ないんで(w たまたま、知り合いがいるのでおかせてもらいました。あんまりkyなことをカキコしてフカヤさんの掲示板の
「ターミネーター」になっちゃいけませんでした。反省。
深谷さん<ごぶさたしております。たしか、前回ウブド滞在のときも体調をくずされていたんですよね。お体たいせつに。
ぼくは前回はじめて、サヤン・テラスのあんちゃんから借りて
バイクつかいました。もともと散歩派なので、うるさい・くさい
でバイクは使わなかったんですが、やっぱり便利ではありますよ
ね。最近、『パラダイス・デイズ』や『カデ』『アキオ』など
ビール飲みながら読み返してます。こういうゆっくりした時間の
流れる深谷作品も、再たよみたいですね。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: 子供たちの反応は?
握り鋏 2009/06/21 13:50:46
>アキラさんの本と、深谷さんの漫画と母校の中学校の図書室に
>おいてもらいました。

 はじめましてbegoさん。
 ぼくも読み終わった本を図書館に寄贈することがありますが、学校図書館に寄贈したことは一度もありません。そういうことが可能なのでしょうか?もしかして、begoさんは教鞭をとっておられる方??


 引用しない
 編集キー
▲ page top
子供たちの反応は?
bego 2009/06/11 21:03:05
アキラさんの本と、深谷さんの漫画と母校の中学校の図書室に
おいてもらいました。
最近は、京都や奈良の定番の修学旅行地もさることながら、「平和教育」でヒロシマも修学旅行に選ばれることが多いそうです。
ぜひ、子供たちが自分の身におきかえて読んでもらえるといいのですが・・・。

 引用しない
▲ page top
おぉ!原稿!
きたきつね 2009/06/09 21:23:22
新作でしょうか。
楽しみに待ちます。

野遊びシーズンですのでそちらに気を取られており、深谷漫画禁断症状は陰を潜めておりますが、いつまた発症するか...。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
原稿に入ってしまいました。
深谷陽 2009/06/09 17:26:20
ので、
非常に中途半端ではありますが旅日記は中断です。

時々「あー」とか「うー」とか書くかもしれません。

それではまた。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
ごぶさたしました
bego 2009/05/27 21:57:19
5月の連休は例のインフル騒ぎで「渡航自粛」の
不明示の圧力。日本的だな。すまじきものは何とやら…でした。
(デフォーの「ペスト年代記(中公)」なんてのをたまたま読んでいたのも因縁めいていました。とても面白い本なんですけど、時期悪し)
7月の新連載楽しみにしています。アジアものも期待しています。
告知がまちどおしいです。

 引用しない
▲ page top
Re: レスです。
きたきつね 2009/05/27 21:27:45
いや、もう面白かったですよ。
深谷さんの本は面白いです。
ケンなどはちょっと強すぎな感もしますが、あれはあれでいいです。
深谷作品を読んでいて、おぉ!と思うものもあれば肩肘張らず読めるものもあり、ということで。

その上、ジャンルがまったく違うものがあるのもいいかもしれませんね。

お世辞ではなく、深谷さんの作品はとても考えさせられるものもあり、その一方で娯楽的に読めるものもあるのがいいですね。
願わくばもっとたくさんの作品が読めるといいのですけど。
ようやく深谷さんの作品群に追いつきましたので、今後はチェックしながら楽しませていただきます。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
レスです。
フカヤ 2009/05/27 12:29:46
サトーさん
更新も間が開いてご心配かけましたw
すっかり元気です。
疲れてただけだったようです。
6日目と、さっき更新した7日目はお酒呑めなかったけど
8日目からは美味しくガンガン呑める様になりましたので
ご心配なく!

パンチョさん
いえいえ、お気になさらず。
ぜひ『密林少年』よんでください!
よかったら感想もぜひここに。
「いまいちでした」とかでも構いませんのでw

きたきつねさん
『レディ』まできましたか!
あれまた全然作風違うと思うんですけど
面白く読んでいただけたようでよかったです。
…出版関係社への提言?まですみません。
さて、関係者からの連絡あるでしょうか?

 引用しない
 編集キー
▲ page top
すいません、とっくに帰国してるんですけど
フカヤ 2009/05/27 12:19:49
(今更)旅行七日目

雨期は終わりだというのに
夜空は曇りであの星空は見えず、旅行費用の二割ほど返せ!と言いたい。
でも賑やかになったとはいえ、
ウブドの「質量のある闇」は健在で、怖くもちょっとトキメくものあり。

で、3年ぶりのウブドでの目覚め!
この部屋は入り口側とは逆にもベッドをしつらえた小さなバルコニーがある。
ウブドも外れのペネスタナンだけあって田んぼの風景。

朝食のパンが美味しい。

ゴロゴロして、お昼。
この滞在では、アップダウンの激しいウブドで敢えてチャリンコ生活で通し
昔の自分を少しでも取り戻す!(端的に言えば痩せる)
…という覚悟をしていた気もするが
近所のレンタル屋に着くや
「ビサカ、セーワ、モトール?」(バイク借りられる?)と訊いてる自分。
あ〜あ。

で、行く先がイブオカですよ。
もう駄目でしょ。
イブオカは相変わらず大流行り。
飲み物が充実してるし壁にメニューと値段が書いてある。
「スペシャル」25000ルピア(約250円)…記憶の倍だな。
飲み物込みで30000ルピア…わあ払い易い!
ーって、飲み物で5000取るのかあ。
お姉さんに「ミンタマンコッ」といって手洗い用のお椀をもらう。
やっぱバリでは出来る限り手で食べたい。
つかんだ手で感じる味ってあるもの。
3年ぶりのバビグリン(ブタの丸焼きライス)。
肉はともかくご飯がいまいち?
全体の味が薄い?
今回はこの一食だけでいいかな。

一通り、近郊を走り回る。
どこもほぼ、うっすらと皮一枚は様変わりしている。
でもその変わった皮の厚みには違いがあって
かつての姿が透けて見えるところもある。
そんなところでは今でも迂闊にもこみ上げるものがあって
やっぱりバイクにしてよかったかもと思う。
自転車のスピードや増してや歩きだったら、
道ばたでぼろぼろ泣き出す醜態を晒していたかも。
もう自分は「ナイーブな青年」ではなく「太ったおっさん」なので
絵になりません。
…微妙にウソ吐きましたか?
昔だってたいして絵になんかなってませんでした。

夕食、ベベブンギルのクリスピーダック(ここでも手で食べます)
デザートにココナッツクリームパイ。

食後、移転したアンカサ新店舗へ
コテツ君にアンコールクッキーの新製品コーヒークッキーを渡す。
よかったら二階に、と誘われて昇って行くと
大テーブルに伊藤さんと男性一人女性一人の日本人客。
男性の方「ガクさん」が
前に東京で飲んだ時、酔っぱらって僕のマンガにイチャモンをつけたことを
しきりに謝ってくださる。
……………その飲んだ席は憶えてるけどイチャモンは憶えてない。
ボキも相当酔っぱらってたということか。
謝らなくていいですから、
怒りませんから、
そのイチャモンの中身を教えてください。

久々の対面に歓談しつつ
ビールの後アラックコピを一杯。
これが空けるのに苦労する。
ええええ、そんな弱くなったの?オレ。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
レディプラスティック
きたきつね 2009/05/25 22:46:26
届いたので昼休みに読みました。
もったいないので半分ぐらいでやめて、残りは明日にしようかと思ったのですが、またまた「面白れー!」状態になりまして。
結局は最後まで読み、午後から1時間ほどは誰も来なかったので後書きを読んでました。

これはもう仕方ないので時代物も買ってきますよ。
時代物も読んじゃったら...。
深谷さん、早いとこ新作よろしくお願いします!

 引用しない
 編集キー
▲ page top
きたきつね 2009/05/24 19:23:41
とうとう読む本がなくなってきてAmazonでレディプラスティックを中古本で購入しました。
到着待ちです。

これで、持っていない本が5冊ぐらいになりました。
出版関係者の方、この掲示板をご覧になっているのであれば深谷さんの本を出してください。
私が深谷さんを知ったのは週刊モー○ングのアキオシリーズでした。
今年に入ってから読み返したくなり、それ以後深谷さんの漫画にはまっています。
説得力のない話かもしれませんが、一過性に人気が出ては消えていく方よりも根強い人気を獲得していく方だと思います。
どんどん仕事を依頼して本を出版してあげてください。
少なくとも私は買います。

密林少年を読んでからアキラさんの本も読みました。
いつかは判りませんがいつか必ずカンボジアに行きますね。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
こんばんわ
パンチョ 2009/05/23 00:14:09
この間はあんなに丁寧にと〜質問に答えて頂いたのに・・こんなに返すの遅れてすいません!

ネットが止まってました・・・。

そしその間にウロウロされてるんですね〜
僕の友達も同じ時期にシェムリに行ってました・・・出会ってるかな〜。

いい旅してますね〜!

良い漫画もどんどん画いていってください!
次は密林少年読みます!

 引用しない
▲ page top
お疲れ様です?!
サトー 2009/05/22 23:03:44
体調良くなりましたか?

毎日掲示板チェックして、読んでますょ


 引用しない
▲ page top
六日目、バリへ
フカヤ 2009/05/21 15:37:28
早朝六時チェックアウト。
タクシーちゃんと呼んでくれてる。よかった話通じてた。
スワンナプームでチェックイン後
さあこの広大な空港のどこで朝飯食ったろうか。
結果「豚のノド肉入りタイラーメン」食う。美味し。
タイ航空で無事バリへ。
サーモなんとかの前通る。
あれ?あの形オレ?
通る人たちが青い輪郭になって映し出される画面に
眼鏡かけたムーミンみたいなシルエットが。
額の当たりにピロっとオレンジ色の線。
止められてしまった。
わわ、オラ無実ですだ、ちょっと寝冷えしただけですだ
検査してもらえばわかるだ……と取り乱すも
その場で耳に体温計突っ込まれ
「37.3度」「ノープロブレム」…ですって。
38度以上ないとその上の検査対象にはならないらしい。

頼んだお出迎えと会うのに30分かかる。
…………ああ、心細かった。
雨期は終わったということだけどこの日は豪雨+雷
ウブドの宿はパキールバンガロー。
ご主人のパキールさん
奥さんは日本人のさつきさん。
お子さんが二人、ユウキ君とアユミちゃん。
お世話になります。

ともあれ部屋でグデー、となり
夕飯時歩いて「ワルン・ソフィア」へ。
めぐみさんにアンコールクッキー渡し
このバリで最初の「ビンタン・ブサール(ビンタンビールの大瓶)」
それから冷や奴とあんかけ焼きそば。日本か。
居合わせた日本人の女性の方に一緒に写真を、と言われる。
快諾はしたものの、
「漫画好きのお嬢さん(12)」に見せても自慢は出来ないと思いますよ。
「…誰?」で終了でしょう。
アラック飲もうと決めてたけどなんかその気にならず
お茶割りにしてもらったけどなんか進まない。
やっぱりちょっと疲れてるかも。
早々に引き揚げる。
帰り道、明かりの届かないあぜ道が怖い。
なんとか落ちも迷いもせず帰宿。

寝る。


 引用しない
 編集キー
▲ page top
五日目
フカヤ 2009/05/18 10:54:11
今日1日はバンコクで過ごす。
歩いて、写真撮って疲れたらビール飲んで
あわよくば何か面白いことおこらないかなー、なんて。
しかも明日は早朝発なんで
面白いことに巻き込まれつつも今夜割と早めには一件落着
…そう都合良くはいきません。

歩き回るとそこここで「マッサージ」と声かけられる。
たいがいは店の前に座ってて一応観光客が通ったから声はかけるけど
無理にとは言わないわ、といったお姉さん達なのだけれど
たまにちょっとエッチなカッコした、強引に誘って来るお姉さんも。
今回もウロウロしてたらそんなお姉さんにつかまる。
間近でみると…なんというか女性に対しては大変失礼な言い方ながら
……怖いお顔をなさっている。
怒ってるのではなく、デザインとして怖い。
振り切って逃げさせていただく。

路地裏の一角、猫の小便臭いなーと思っていると
果たして生後一ヶ月ほどの汚れて痩せた白っぽい子猫発見。
あ?まだいる。こっちにもいる。わ、ここにも。総勢五匹+母猫
少し離れた所に悠然と寝入る大猫。父親か?
歩きも覚束ない子猫同士じゃれあって遊ぶさまいとかわゆし。
ずっと見てたら一匹が数歩こちらに近づき睨み付けて来る。
なんだ?チビなりに侵入者を威嚇しようってか?
…したら、「にあ〜」(超小声)だって。
がばい〜ん。がばい過ぎる。
まとめて連れて帰ったろか。飛行機乗せられねえや。ばいばい。

露天脇に座ってたお姉さんと目が合って
数歩先で振り向いたらまだ見てたので
なんとなく立ち止まってみたら向こうから近づいて来て
「何か飲みたくない?ビールでも。コーヒーでも。」
え〜と、これどうしよ、運命かな?いや、たんにプロのお姉さんだよな
でもいきなり「アナタのホテルでマッサージさせて」、とかじゃなく
何か飲もうって言ってるし、
飲みながら話したらネタ拾えたりしねえ?
割と奇麗だし?でもどおかな?ビール飲んだとこだし
ちょっと疲れたな、でも疲れたつって取材対象に背を向けていいわけ?
お前だってプロだろ?
むーーーーーーーーー……………………さよならっ

実際疲れたので、
通りかかりの店でフットマッサージしていただく。
1時間のコースに足の爪切り追加して600バーツ(1800円弱)
チップ100バーツ。

夕食
ホテル近くの英語表記の店
タイ料理の「カオカームー」、トン足煮込み乗せご飯かな、
と思って注文したメニューは「酢豚」でした。

明日は朝六時ホテル発。

*この日記は数日遅れでお送りしています。
リアルタイムでは今日の昼ウブドの宿をチェックアウトして
明日早朝帰国します。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
四日目、シェムリアップ→バンコク
フカヤ 2009/05/17 09:23:04
朝、二日目から頼んでるトゥクトゥクのおっちゃんと共に博物館へ。
アキラさんはまだ地雷原から戻らず
子供達も「アキラー!アキラー!」と声はかけてくるものの
みんな何やら庭の手入れ?的な仕事をしている。
写真を何枚かとって早々に引き上げることにする。
表の売店にウォーラックがいる。
この子は三省堂の『アキラの地雷博物館とこども達』でも紹介されてるけど
来る度ちょっとづつ大きくなってちょっとづつ「より可愛らしく」なってる。
おじさん困っちゃうな(何がよ)
それに比べてアマタやミンは大きくなってるのかな?ダイジョブか?
二人が比例して成長しててわかりづらいのかな。

帰り道
トゥクトゥクのおっちゃんことMr.ボッのお薦めで昼食。
カレー風味のローカルヌードル。
果てしなくコシの無い麺だけどまあまあイケる。
物売りの子達にたかられる。

アンコールクッキーへ
日本女性がこちらで起業したお店で
美味しいクッキーを売ってる。
革製品なんかの可愛い雑貨も。
去年買って帰ったところ大好評であったので
今年もスーツケースの『密林少年』が入ってた空間に
しこたま詰め込む。
アンコールワットの形をしたアンコールクッキーに
蓮の実風味の蓮の実クッキーなどがあって
今回コーヒークッキーやら蜂蜜クッキーやら新製品も増えてた。
コーヒークッキーはバリのコテツ君に買って行こう。
併設のカフェで一番人気の「マンゴーかき氷」をいただく。
かき氷の上にマンゴーの果肉たっぷりとアイスクリームが乗って
マンゴーソースがかかってる。超美味。

それから一路空港へ。
Mr.ボッに電話番号を書いてもらい別れる。
なかなか気のいいおじさんであったので、来年ホントに電話してみようかな。

飛行機揺れる。
自分史上最大。
もの凄く落ちてはガクッと止まる(ように感じる)。
正直スゴくコワい。
でも皆さん、どの国の方も女性も子供も
座席で踏ん張りつつ
「キャ〜!」とか叫んだり取り乱したりしない。
慣れてらっしゃる?
自分も機内の空気を乱してはいけまいと
ほぼ涙目ながらなんとか耐えきる。


バンコク着、雨。
ここの入国はなんかあっさり。
スクンビッド通りのサリルホテルへ。
去年買ったMacBookのサファリのッブクマークに
元々入ってたインターネット代理店で見つけたホテル。
便乗商法にやられてる?
でもマックにオススメ的に入ってたわけだし
そう阿漕なマネはせんだろうと。

今回のホテル探しのテーマは「一万円以内」。
シェムリアップのクレアモントホテル三泊
バンコクのサリルホテル二泊
ウブドのパキールバンガロー六泊
泊数は違えどどこも一万円弱。

サリルホテルが中では一番割高なだけに小奇麗。
ただ大通りからかなり奥まったとこにあって
ゴルフカートで送迎してた。

夕飯、「ヤング・リーの店」(中華)で
「アヒルとタマネギ炒め」とシンハービール
路地裏探検、就寝。


 引用しない
 編集キー
▲ page top
続き。
フカヤ 2009/05/16 08:53:43
地雷原に着くと
アキラさんが自身で立ち上げたNGO、
CSHD(カンボジアセルフヘルピングディマイニング)のメンバーが作業していた…けど
生憎の大雨で、みんな続々小屋に戻って来る。
その中にチェットもいた。
彼は「地雷博物館の子供達」の一人で
去年は描いてあげた似顔絵に一緒に色塗って遊んでたのに…
今、CSHD制式防護服に身を包んだ姿は立派にたくましいメンバーに見える。

…でもなんで迷彩柄?「戦闘服」じゃないだろうに。

雨がひどいので今日の作業は中止。
今帰るか、今夜近くで泊まって明日の作業を見るかアキラさんに訊かれ
ジャックとトレイシーは即決で泊まり。
オレは明日バンコクに出発なので帰り…

夕飯にカンボジア伝統の冬瓜とトマトとパイナップル(!)入り
魚のスープをたべてから
去年からお気に入りの店へ。
ビールを頼むと
「後これだろ?」とばかりに耳たぶをひっぱる兄ちゃん。
その通り。
ここの豚耳は美味しいよね。

明日、アキラさんは戻ってないだろうけど
子供達の顔見てから
アンコールクッキーをしこたま買って、空港に行こう。


きたきつねさん
新しい本ですかー、
僕も出したいですけど
どうしたって読むスピードには敵いませんよw
出版関係社の皆さん、
きたきつねさんもこう言ってますんでお仕事ください。
綺麗な女性が出て来るマンガのw

サトーさん
変な更新も喜んでいただけて恐縮です。
はい、体格はよろしいですよ。
41歳児ですがまだ成長してます(あかんやろ)

はーぽさん
前回書きそびれた。
ひりだしたって!よっしぃの弟ってこと?
おめでとーございます。
似顔絵描きに行きたいですねー。


 引用しない
 編集キー
▲ page top
遅れた日記。旅行三日目
フカヤ 2009/05/16 08:44:31
博物館に着くとアキラさんお食事中。
「食べましたか?」とこちらに聞いてくれる。
以前奥さんが笑いながら
「いっしょにどうぞー」と誘ってくれたのを思い出して胸が詰まる。

事務所を覗くと
眼鏡の白人男性が寄付の箱をひっくり返してお札を数えている。
カナダ人スタッフのリチャードだという。
「キミはジャーナリストか?」と聞くので
「いや漫画家だ」と答えると
「漫画家?えっじゃ『アキラ』か?うわ、会いたかったんだよ」
と感激してくれる。
オレ有名人?
…ていうかこの博物館でくらい有名じゃないと逆に悲しいw

アキラさんにインタビューに来たタイ在住のオーストラリア人ジャーナリスト
ジャックにも会う。
「申し訳ないが今はあまり話せない」と言うアキラさんに
「わかる、わかるよ」と言いつつピンマイクつける。したたか。
ジャックに『密林少年』の単行本を見せて
「フランス語版も出版されてる」というと
「じゃあそのフランス語のやつを買うよ」といってくれたけど手に入るかな。
印税はもらったから出てるとは思うけどオレもモノ見たことないんだ。
自分でも欲しいし
この博物館にも置きたいんだけどな。

昨日(二日目)は
一人の子を誘って山崩しを始めたら
参加者続々の大盛り上がりで
それから
砂山に埋めたゴムを木の枝で引っ掛けるゲームやら
日本のパーティーゲームみたいのやら
かくれんぼやら…久々に子供たらしたw
つくづく子供相手なら言葉なくてもなんとかなるのだなあ
何かあげるより一緒に遊ぶ方がいいのかもなあ
なんて思う。

その子供達は今日も歓迎してくれる…でも数が少ない。
半分は学校に行ってるらしい。
来る途中に去年は無かった学校が出来てた。
カンボジアは学校の数が少ないので
子供達を「午前組」「午後組」に分けてるって聞いた。
今ここで早めのお昼食べてる子達は午後組ってことなんだろう。
やがてみんながトラックに乗って登校して行くのを見送り
しばらくすると同じトラックが午前組の子達を乗せて戻って来た。
アマタとミンもいる。


地雷原に向かうアキラさんに誘われ
ジャックと、あとトレイシーという女性と一緒に同行することに。
二台に分乗、こちらはドライバー氏とジャックとトレイシーとオレ。
車中ジャックにファミリーネームを聞かれ
「じゃあフーカヤって呼ぶよ」って言うので
「アキラ・ジャパンでいいよ」って返したらちょっとウケた。

車中アキラさんの奥さんの話が出たので
『密林少年』のラストに描いた、二人のなれそめの話をする。
(女子高生だった奥さんが友達四人連れでやってきて
 この中から誰か選んで!…と言った話)
かなりひどい英語だったけどなんとか通じて笑いは取れた…けど
もっとつっこんで話すべきだったかな。
「選ぶ」ということには特別な意味があって
何も知らず、何も選べなかった「ジャングルボーイ」が
成長して、戦争が終わった後
色んなことを知って、自分で考えて
自分の意志で地雷除去を選び「良い人間」であることを選び
そしてあの奥さんを選んだってこと。

なんか自分の拙い英語力に消沈してしまって
後半静かになっちゃったけど
どんなに格好悪くても自分の知ってるアキラさんのこと、
もっとガンガン話せばよかった。
いくらかでも取材の助けになったかもしれない。


 引用しない
 編集キー
▲ page top
更新嬉しいです
サトー 2009/05/15 17:49:55
「入る寸法の服」ということは…
体格よろしいってことかしら?
ふふ♪


 引用しない
▲ page top
Re: 踊る島の昼と夜
きたきつね 2009/05/15 16:55:16
踊る島の昼と夜、これも面白くて一気に読みました。

今日は暇で、午後から運びやケンの2巻も一気に読んでしまいました。

手持ちの深谷さんの本で、読んでないのがない。
残るはレディ・プラスティック、時代物だけとなってしまいました。
これらも制覇してしまったらスパイシーカフェガールとスパイスビームしか残りません。

早く新しい本を出してください。
あ、でも深谷さんのいつものクオリティはそのままでお願いします。
特に女性の綺麗さはよく伝わるので、そこらへんは落とさずに...。

 引用しない
 編集キー
▲ page top