GL-Labo BBS
「GLラボ」の掲示板です、自作関連情報を歓迎します。楽しい雑談もどうぞ。
先頭/ 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 末尾
Re: 櫓帆走動画
天狗芝藤 2011/07/26 11:53:37
高橋様、皆様
私のPFはラダー金具を流用していたので
金属製のラダー金具頭部のティラーを差し込む
所に操作棒を差し込み、滑らして長さを調節していました。
木の構造では難しい動きかもしれません。

PFの推進効率を高めるには、ブレードに働く前進力を
船体に伝達するPF全体の剛性がポイントだと同感します。
櫓の場合は一本の太い櫓下に働く流体力がそのまま櫓杭を
介して船体に働く点はロスが少ないようですね。

櫓に関する池畑論文を読み返しました。
まとめをお送りします。何かの参考にしてください。

 引用しない
▲ page top
Re: 櫓帆走動画
高橋 2011/07/25 13:16:59
芝藤さん

>風が十分な時PFを舵として使う場合には
>操作棒を引っ込めて、ブレードを船体に近づけた方が
>小さな力で操舵できるのではないでしょうか。

→PFは船体の支点とブレードの支点間が少しでもよじれると速度
が著しく低下します。剛性が高いPFで実際に漕いでみれば、この
状況は実感できます。

操作棒の固定位置が簡単に動かせて、しかも剛性が高い構造を実現
するのは木材では難しいでしょう。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
櫓帆走動画
天狗芝藤 2011/07/24 10:45:12
土居様高橋様皆様こんにちは
マルチハルでタックする時には、ジブをセットし
スピードが十分でないと風上向いて止まってしまいますね。
タックの時に体重を風上に移動して、風下のアマを水面から
出すと廻りやすくなります。
19フィートアウトリガーセーリングカヌー「天狗参」でも
微風ではタック時はパドルを出して漕いでいました。
PFや艪が付いていて回頭を助けてくれると有り難いですね。

高橋様
風が十分な時PFを舵として使う場合には
操作棒を引っ込めて、ブレードを船体に近づけた方が
小さな力で操舵できるのではないでしょうか。

 引用しない
▲ page top
Re^3: PFが舵に変身する…櫓帆走動画アップしました
土井 MD 2011/07/23 21:28:34
高橋さん、天狗芝藤さん こんにちは (^-^)/

>> 微風のときにPFをゆっくり漕ぎながら直進させると、帆がない
>> ときの速度に較べてかなり早くなり、漕ぎ方がうまくなったよう
>> な感じで快適でした。
>>
 …そうですねぇ (^_^)v  櫓帆走でも同様です。
弱風のときには 470等のレース艇を抜き去ることができて、
楽しいですよ。 

わたしはカヌーでの櫓帆走に凝っているのですが、細身のカヌー
なのでアウトリガー・タイプです。 
この手の艇(マルチハル)はタッキングが苦手ですが櫓帆走だと失
敗する心配がありません (^_^)v 
帆走、タック、帆走の一連の動画をアップしました、ご覧下さい。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=HaTu6XOAR0U



 引用しない
▲ page top
Re: PFが舵に変身する
天狗芝藤 2011/07/22 13:33:50
高橋様 皆様 こんにちは
やはり PFを舵としても使うアイデアは
既に実行済みのようですね。

PFの推進力で見かけの風が上がり
帆による推進力が増えるのも実感できるようで
艪帆走のメリットはあるようですね。

PFそのままで舵取りに使うのが
良いのかもしれません。

 引用しない
▲ page top
Re: PFが舵に変身する
高橋 2011/07/19 17:13:03
芝藤さん、みなさん

私の経験ではPFのブレードを舵として使うのは無理でした。

PF用として最適化したブレードサイズでは、舵として使用するに
は小さすぎます。ブレードを大きくするとPFとしての性能がでま
せん。

そこでPFのまま舵取りに使いました。

無風または微速のときはPFを漕いで舵取りをします。曲がりたい
ときは真後ろではなく斜め後方向に向けて漕ぎます。

微風のときにPFをゆっくり漕ぎながら直進させると、帆がないと
きの速度に較べてかなり早くなり、漕ぎ方がうまくなったような感
じで快適でした。

ほどよい風が吹いて速度が出ているときは、PFのブレードの迎え
角制限ロープを一杯に引き込んでブレードが動かないようにしてお
き、柄を舵のように動かして舵取りをします。普通の舵と手応えは
異なりますが、何とか使えます。


 引用しない
 編集キー
▲ page top
PFが舵に変身する
天狗芝藤 2011/07/18 15:35:59
私の狭い舟の上ではパワーフィンを使わない時に
収納する場所がもんだいなのですが
舵として使えるのであれば一石二鳥。

帆走時には舵として使い、風が落ちてきたら
操作棒を継ぎ足して長くし、ブレードを船尾から離し
振れるようにすれば、帆を上げたままで
補助推進力が生まれ、そのパワーで舟が前進すれば
見かけの風が上がり、帆による推進力もアップするという
私が目指すPFと帆の相乗効果が期待できる
ベストのPFの配置だと思います。

 引用しない
▲ page top
東京都民公開講座・足漕ぎカヌー製作教室 募集中 (^-^)/
土井 MD 2011/07/17 22:44:11
関東地方の皆さまに m(_ _)m

 掲示板でお馴染みの Neverland さん(新世代木艇工房主)が
この夏、東京都民公開講座で講師として教壇に立ちます!

8月20日からの毎週土日(3回連続:計6回)、品川区の
東京都立産業技術高専・品川キャンパスで、、
ステッチ&グルー工法による双胴船を造って、足漕ぎ装置を積み込
み品川運河を走ると言う、画期的な講座です。

船を造ってみたいけど未経験という方、ステッチ&グルー工法を
体験したい方などに,受講をお薦めします。

受付締め切りは 8/04、詳しくはこちらをご覧下さい。
                 ↓
http://www.metro-cit.ac.jp/lecture/koukai_shokai.html#1-7

 引用しない
▲ page top
Re: 舵がPFに変身するか …不可能、だが逆は真 (^_^)v
土井 MD 2011/07/17 12:54:37
天狗芝藤さん、こんにちは (^-^)/

 おっしゃるとおりです。パワーフィンには回転軸が2カ所あり
ますから、先端の回転軸を固定すれば舵と同じ機能を発揮します。

しかし、舵は回転軸が(当然ですが)1カ所なので、ラダーブレード
全体を振ることができません。
従って、舵がPFに変身することは不可能と言えるでしょう (^-^)

ただし、無風時にラダーをバタバタ動かして(ラダリング?)も
進むことができるのはヨットマンなら誰でもご存じですよね。
   ↑
出来の悪い櫓でも、同じようなことがあります (^_^;)


 引用しない
▲ page top
舵がPFに変身するか
天狗芝藤 2011/07/16 12:32:27
パワーフィンは操作棒を引き込んでブレードを船尾に持ってきて
ブレードの振れ角調整ロープを引き込んで
ブレードが振れないようにすれば、普通の舵に近くなります。

帆走中、風が無くなれば操作棒を出して、ブレードを振れさせれば
パワーフィンになります。
この形式ならPFの収納問題が片付くのではないでしょうか。

 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンテストの動画です
天狗芝藤 2011/07/14 12:57:21
小境様 皆様 こんにちは
書き込み時間が掛かりすぎるとエラーになるのかなと
思っています。長い文の時はワード等に書いてコピーペーストして
送っていますが 皆様どうなさっているのでしょうか。

今年進水させた6m木造和船は艪と帆をセットしてありますが
今の所PFを取り付けるようには なっていません。
この夏は帆走と艪の実験、艪漕ぎを教えたり、ヨット教室のような
使い方をしています。

振れ角を小さくしてハイピッチで漕ぐと加速するのは
艪を漕ぐ時も同じですのでPFでも同様だと思います。
次にブレードの移動速度を同じにして、振れ角を大きくすると
どうなるのでしょうか?
振れ角が大きくなると言っても10度、15度、20度位の
範囲です。
振れ角が大きくなるとブレードに安定した水の流れが当たる時間が
増え
定常的な揚力が発生する時間が長くなり推進力が増えると期待した
のですが
私の実験ではパワーアップは無く、がっかりしたのですが
そちらのPFでは如何ですか。

 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンテストの動画です
小境 2011/07/12 18:34:37
天狗芝藤さま

先程返信を書き込みましたが、書き損じで宛名の書き込みを失念
してしまいました。失礼しました。

初めまして、小境です。

>PFの動画、興味深く見せていただきました。
>長大アームで振る幅を長く(振れ角を大きく)漕いだ時よりも
>振れ幅は小さくてもピッチを上げて漕いだ時が
>加速されて 速度が出ていたように見えましたが
>それで正しいでしょうか。
>
>私の長大アームPFの実験では
>振れ幅を長く振れ角を大きく漕いだ方が
>振れ幅狭くピッチを上げるよりも
>速くなるだろうと思い込み、先入観を持ってしまって実験し
>振れ角を大きくしたのに推進力が大きくならず
>ガッカリしてしまいました。
>
>振れ角小さくピッチを上げると加速して速くなるのは
>確認出来ますでしょうか。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: パワーフィンテストの動画です
小境 2011/07/12 18:28:19
小境です。

返信をと思うのですが、何故かエラーになり書いたものが消えて
しまいます。
以下要点んみ書いてみます。
振れ角小さくしてハイピッチで漕ぐと加速し高速になります。

是非、以前の長大アームのラダーブレードに代え、幅の狭いブレ
ードを取りつけ漕ぎ出してみてください。
操作力は小さいのでハイピッチも訳ありません。振れ角を小さく
すると、自然ピッチも上げられます。すると、高速になるでしょ
う。

兎に角、小さい振れ角の中央部はブレードの最も効率の高い領域
なので、高速が得られるのではないでしょうか?



>PFの動画、興味深く見せていただきました。
>長大アームで振る幅を長く(振れ角を大きく)漕いだ時よりも
>振れ幅は小さくてもピッチを上げて漕いだ時が
>加速されて 速度が出ていたように見えましたが
>それで正しいでしょうか。
>
>私の長大アームPFの実験では
>振れ幅を長く振れ角を大きく漕いだ方が
>振れ幅狭くピッチを上げるよりも
>速くなるだろうと思い込み、先入観を持ってしまって実験し
>振れ角を大きくしたのに推進力が大きくならず
>ガッカリしてしまいました。
>
>振れ角小さくピッチを上げると加速して速くなるのは
>確認出来ますでしょうか。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: 長大アームの画像をアップしました
土井 MD 2011/07/11 22:30:03
小境さま、ど〜も (^-^)/

>次回の高浜の岸壁に100メートルの距離を測っておいてストップウオッチで計
>測するなど考えるべきかも??
>
 …速度を測るには地面の目標を設けるのが一番確かですが、、
風や流れの影響などもあるので、上りと下りで測ります。
また GPS は微妙な違いを確認するのに優れています。

>パラメーターを迎え角、操作速度、操作角、ブレード長さ、などとし
>て!
>
 …櫓の場合は、これらに加えて 入水角、ブレードの部分部分の
迎え角の違い、捻れ、曲がり などがあって、分析が不可能に近い。
しかしパワーフィンは、おっしゃるとおりでパラメーター(変数)
が比較的少ない?ので、、何とかまとめていただきたいです。

10月の WBBMin愛知で実物を見せていただくのが楽しみです。



 引用しない
▲ page top
長大アームの画像をアップしました
小境 2011/07/11 20:56:05
土井様

未だ、時々書き込みに失敗し、折角書いたものが全て消えてしま
います。
なので、書く意思はあれど、中々と言うドジな状況です。
長大アームPFの写真アップ有難うございました。

動画を皆さんに見ていただいてますが、高橋さんの様に、数値
化、定量化が出来ていません。ただ、画像が見えるのみです。

今後、何とかこのあたりをスッキリとさせたいのですが???
次回の高浜の岸壁に100メートルの距離を測っておいてストップウオッチで計
測するなど考えるべきかも??
パラメーターを迎え角、操作速度、操作角、ブレード長さ、などとし
て!


>小境さん、ど〜も (^-^)/
>
> 動画を何度も見せてもらっています、長大アームもリンク機構

>どちらも巧く働いていますね (^_^)v
>
>「パワーフィンを考える」ページに長大アームの画像を追加しま

>たので、皆さまご覧下さい。
>
>あと最後の部分に動画リンクを加えたのですが、、(^_^;)
>うまくジャンプしない場合は、コピー&ペーストでお願いしま
す。
>
>

 引用しない
▲ page top
Re^3: パワーフィンテストの動画です…長大アームの画像をアップしました
土井 MD 2011/07/11 02:38:08
小境さん、ど〜も (^-^)/

 動画を何度も見せてもらっています、長大アームもリンク機構も
どちらも巧く働いていますね (^_^)v

「パワーフィンを考える」ページに長大アームの画像を追加しまし
たので、皆さまご覧下さい。

あと最後の部分に動画リンクを加えたのですが、、(^_^;)
うまくジャンプしない場合は、コピー&ペーストでお願いします。



 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンテストの動画です
天狗芝藤 2011/07/10 18:53:38
PFの動画、興味深く見せていただきました。
長大アームで振る幅を長く(振れ角を大きく)漕いだ時よりも
振れ幅は小さくてもピッチを上げて漕いだ時が
加速されて 速度が出ていたように見えましたが
それで正しいでしょうか。

私の長大アームPFの実験では
振れ幅を長く振れ角を大きく漕いだ方が
振れ幅狭くピッチを上げるよりも
速くなるだろうと思い込み、先入観を持ってしまって実験し
振れ角を大きくしたのに推進力が大きくならず
ガッカリしてしまいました。

振れ角小さくピッチを上げると加速して速くなるのは
確認出来ますでしょうか。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: パワーフィン … 読めません〜っ σ(^^;)
土井 MD 2011/07/10 12:52:42
cookee さん、お久しぶりです〜っ (^-^)/

 パワーフィンの動画情報をお知らせいただいたようで、、
ありがとうございます m(_ _)m
あの人物、どこかで遭ったことがあるような気がします。

ところで、cookee さんのメッセージですが、、(^_^;)
わたしの Mac では読めません (;_;)

 できれば、再投稿お願いします m(_ _)m


><object style="height: 390px; width: 640px"><param
>name="movie" value="http://www.youtube.com/v/6E_SX9gPJbM?
>version=3"><param name="allowFullScreen"
>value="true"><param name="allowScriptAccess"
>value="always"><embed
>src="http://www.youtube.com/v/6E_SX9gPJbM?version=3"
>type="application/x-shockwave-flash"
>allowfullscreen="true" allowScriptAccess="always"
>width="640" height="390"></object>

 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンテストの動画です
土井 MD 2011/07/09 21:55:58
小境さん、ど〜も (^-^)/

 リンク付きと長大アームの2種類の動画、、を
心待ちにしていたんです、ありがとうございました m(_ _)m

なるほど! 長大アームはゆったりと動いて、良い感じです。
確かに捻れが見受けられますが、これはまだまだ速く漕げる
ということです (^_^)v

また、リンク付きは見事に効いていますね \(^_^)/
有意義な(世界初の)動画ですっ!
リンク機構を解除した方が速いというのは、、皮肉な結果ですが
それが確認できたこと自体に意味があると思います。
それにリンク付きでもう少し大型化したら、、良い結果が出る
のではないでしょうか?


>>http://youtu.be/4swM9kz8VqU
>友人に敦賀でのテスト時の、動画をアップして貰うことができま
>した。
>大変遅くなりました。少々解説を書いてみます。
>最初のものは、長大アームnパワーフィンです。アーム長2000ミリ、ブレード
>幅70ミリ、長さ500ミリでした。
>
>二番目はリンク付きです。アーム長800ミリ、ブレード幅80ミリ、長
>さ500ミリでした。
>
>次いで、リンクを外して、アームに固定し単純なパワーフィンに
>してテストしました。
>
>そして、再びリンク付きに戻して見ましたが、イマイチでした。
>
>6/12の書き込み参照下さい。

 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィン
小境 2011/07/09 21:31:19
高橋さまコメント有難うございます。

ご指摘の様に長大アームの方はアームが2x2材なので38ミリ角で
す。(当初のアウトリガー22X50ミリの時よりも改善されてますが)
未だ、明らかにツイストしてまして、剛性不足を認識していま
す。

リンク付きの方は余りツイストが気になりませんでしたが、スピ
ードを狙うにはアーム長さ1000ミリ位欲しくなります。すると、
剛性の不足が顕著になるだろうと考えています。


 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: パワーフィン
高橋 2011/07/09 19:49:35
小境さん
動画を見ました。

フィンが左右にひねられているように見えます。
こうなると力が逃げて手応えも少なくなります。

柄の剛性を高めてひねられないようにするほどスピードが出ます。

私は合板を使って柄を箱構造にしてねじれをなくしたことで、
6.5km/hがでました。舟は13ftスパローで、船体重量100kg、二人乗
りでした。(GL-Laboの写真参照)

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: パワーフィン
小境 2011/07/09 18:30:24
cookeeさん初めまして春日井市の小境です。今年のGWの頃からパワ
ーフィンに嵌っています。
太平洋?横断の動画有難うございます。実用になってるパワーフィン
は”これ”と、高橋さんがおっしゃってましたが、その通りです
ね!。凄いです。大洋の横断も出来てしまうのですね!
私は未だ駆け出しなので、平水でボチャボチャやってるに過ぎま
せん、面白いのですが、性能評価など定量的に把握が難問です
ね思案投げ首です。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
パワーフィン
cookee 2011/07/09 13:38:23
<object style="height: 390px; width: 640px"><param
name="movie" value="http://www.youtube.com/v/6E_SX9gPJbM?
version=3"><param name="allowFullScreen"
value="true"><param name="allowScriptAccess"
value="always"><embed
src="http://www.youtube.com/v/6E_SX9gPJbM?version=3"
type="application/x-shockwave-flash"
allowfullscreen="true" allowScriptAccess="always"
width="640" height="390"></object>

 引用しない
 編集キー
▲ page top
パワーフィンテストの動画です
小境 2011/07/09 13:26:51
>http://youtu.be/4swM9kz8VqU
友人に敦賀でのテスト時の、動画をアップして貰うことができま
した。
大変遅くなりました。少々解説を書いてみます。
最初のものは、長大アームnパワーフィンです。アーム長2000ミリ、ブレード
幅70ミリ、長さ500ミリでした。

二番目はリンク付きです。アーム長800ミリ、ブレード幅80ミリ、長
さ500ミリでした。

次いで、リンクを外して、アームに固定し単純なパワーフィンに
してテストしました。

そして、再びリンク付きに戻して見ましたが、イマイチでした。

6/12の書き込み参照下さい。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: タイトボンド3,その後 …東急ハンズでは、、
土井 MD 2011/07/08 15:00:41
ヘミング味岡さん、こんにちは (^-^)/

 東急ハンズ横浜店では、、タイトボンド(3ではない)
を売っていました!
タイトボンド3は「緑色」の容器ですが、これは「赤」です。

値段は、、忘れましたが (。_゜)☆\パシッ(^^;
リーズナブルです。しかしボート用なら「3」を買いましょう。


>タイトボンド3を購入をしようと思い,高橋さんが
>この掲示板(2011/03/04 )に書いていたところに
>当たったところ「品切れ」だったので,別のところを
>ネットで検索して下記を発見,きのう注文しました。
>
>http://www.ac-fan.com/prod/item/id/1220440
>
>タイトボンド3(4oz)¥649
>配送料・手数料  ¥525
>────────────
> 合計 ¥1174
>
>ジョイフル本田系の店でした。
>ご報告まで。 

 引用しない
▲ page top
タイトボンド3,その後
ヘミング味岡 2011/07/08 08:31:27
タイトボンド3を購入をしようと思い,高橋さんが
この掲示板(2011/03/04 )に書いていたところに
当たったところ「品切れ」だったので,別のところを
ネットで検索して下記を発見,きのう注文しました。

http://www.ac-fan.com/prod/item/id/1220440

タイトボンド3(4oz)¥649
配送料・手数料  ¥525
────────────
合計 ¥1174

ジョイフル本田系の店でした。
ご報告まで。 

 引用しない
▲ page top
KAZI 誌「自作魂」に、、坂井さんの新艇が、、(^_^)v
土井 MD 2011/07/05 13:03:36
今日発売になった「KAZI 誌」8月号「自作魂」ページに、、

 常連、千葉坂井さんのミックス艇が紹介されました \(^_^)/
どうしてミックスなのかを含めて、素晴らしい記事になっています。

それから、5月の WBBM in 長浜のレポートも併せてご覧下さい。


 引用しない
▲ page top
愚かな 失敗 … σ(^^;) タイトボンドで、、
土井 MD 2011/06/25 18:22:13
皆さまに (^_^;)  お恥ずかしい失敗のご報告です。

 以前この掲示板で「タイトボンド」という接着剤が話題に
なりましたね、ご愛用の方も多いのでは (^-^)

今日は日中好天だったので、タイトボンドを使っての積層作業を
行いました σ(^^)
積層は何枚もの板を重ねて,クランプで締めるので、、接着剤が
溢れ出て、クランプが外せなくなることがあります。
それで、はく離しやすい様に、ポリエチレン・シートを挟んだり
しますよね。

わたしは面倒なので,材料を丸ごとゴミ袋で包んで、その上から
クランプで締めて、固まるのを待つことにしました。

 しかし、、ここに大きな落とし穴がありました (@_@;)
この方法は、エポキシ接着なら良い方法なのですが、、
タイトボンドは水性エマルジョン?系の接着剤でした !
これではいくら待っても接着剤が固まりませんでした (^_^;)

 お馬鹿な失敗を 恥を忍んで ↑ 紹介しました m(_ _)m

夕方になって、慌ててポリ袋を切り開きましたが、今夜は雨かも




 引用しない
▲ page top
Re^3: パワーフィンのテスト結果・速報…部品の呼び名について
土井 MD 2011/06/13 20:47:22
皆さまに、、このところ パワーフィンの話題で溢れていて、、
      部門外の方には申し訳ありません m(_ _)m

 しかし、この話題はかなり斬新なものだと思っています。

特に、小境さんの「リンク機構付き」は世界初だと確信します。
写真をご覧になって、複雑だと感じられかも知れませんが、、
このシステムに最小限必要な部品が全部揃っていて、見事です。

そこで〔世界で初の試み?)これらの部品に名前を付けました。
いずれ、部品の注文が必要なときに名称で迷わないためです(^_^)
「パワーフィンを考える」ページをご覧下さい。

この名称は小境さんとご相談して,暫定的に定めたものですので、
もっと相応しい名称があればご提案お願いします。

 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンのテスト結果・速報…追伸 (^_^;)
土井 MD 2011/06/12 23:30:40
皆さまへ、

 小境さんの最新「速報」関連で追伸です。

リンク機構付きパワーフィンの画像のアップが遅れていましたが、
取り急ぎ「パワーフィンを考える」ページに追加しました。

こちらのメッセージと併せてご覧下さると、理解が深まると
思いますので、よろしく m(_ _)m


 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンのテスト結果・速報…\(^_^)/ m(_ _)m
土井 MD 2011/06/12 21:19:57
小境さんっ ! 速報ありがとうございました (^-^)/

 一連の実験の成果、素晴らしいです〜〜っ \(^_^)/

1)長大アーム PF:時速6Km は立派です。
  ブレードのアスペクト比は7強ですね!

2)リンク付き PF :操舵が可能になったとは \(^_^)/

   済みません、GLラボ へのアップが遅れています m(_ _)m
  近いうちに、「パワーフィンを考える」ページに掲載します
  ので、、、(^_^;)

3)リンク付きの解除? と言うか、普通の PF:
   >> この方が漕ぎ易く、操舵も問題なく、速度も上記並みで
   >> した。 下手な考え休むに似たり!みたいです。
   >>
    … この ↑ 結論は小境さんだからこその発言ですよね。
    ここまで来ると。もう決して「失敗」ではありません。
    むしろ「大成功」です!
      おめでとうございましたっ m(_ _)m

 取り急ぎ、祝電(のつもり)です〜っ。


 引用しない
▲ page top
パワーフィンのテスト結果・速報
小境 2011/06/12 19:15:45
土井さま、皆様

北陸の敦賀原発の直ぐ南でアクアミューズの集まりがあり土曜、
日曜の二日間行って来ました。
昨日は強風で出来ませんでしたが、今日は早朝に凪があり、3種の
PFの試走をすることが出来ました。
使用艇は横山14フィートセーリングカヌーです。私がPFを操作し
友人がミジップに立ち撮影とGPSで速度の測定をしてくれました。
今回速報で後日動画をアップしてもらいます。

長大アームのPFは6キロ毎時がでました。アーム長さ2000ミ
リ、操作棒長さ700ミリ、ブレード幅70ミリ、長さ500ミリ、
見かけのブレード迎え角30〜40度アームの剛性を増し、左右動
範囲を大きく取れば更に高速が可能と思われます。

リンクつきのPFは操舵可能でした。一つの目的は達しました。速度
は長大アームには及ばないようです。3〜4キロ毎時が精一杯でし
た。アーム長、600ミリ、ブレード幅80ミリ、長さ500ミリ迎え角は
上記並み。このリンク付きはブレード左右動全域で揚力を発生を
狙って複雑な構造にしましたが、不思議にも、ブレード左右動の終
端部で操作力が急減します(以前から気付いていますが?)

第3のPFはリンク付きのリンク、ロッドを固定し、普通のPFにして
見ました。この方が漕ぎ易く、操舵も問題なく、速度も上記並みで
した。下手な考え休むに似たり!みたいです。

未だ、明確になっていない事が多々ありますが、取り急ぎ、試走結
果を連絡させていただきました。


 引用しない
▲ page top
揚力漕ぎ、抗力漕ぎ,羽ばたき
天狗芝藤 2011/06/12 12:49:24
高橋さん皆さんこんにちは
高橋さんの櫓の理論、良く分かります。
良く似たことを考えている物だと可笑しくなります。

今私が考えているのは。
櫓を漕ぐ時、動きの両端で櫓の水切りの向きを
手で変えて調整します。
パワーフィンは水流に任せて向きを変え、
ロープで迎え角が決まります。
手で櫓の向きを変える作業をスイングドア等で使う
バネヒンジで強制的にフィンを動かす事を考えています。
バネヒンジは二方向のバネで、力の加わらない時は
フィンを操縦棒と同じ方向に止めようとし
水流が当たればフィンは向きを変えて
ロープで決められた迎え角で水中を動きます。
運動の両端ではバネヒンジで元の方向に動こうとするフィンが
水をかいて推進力が強くなるのではと思っています。
フィンに羽ばたいてもらいたいのです。

櫓の先端がしなる運動は私には羽ばたく鳥の羽先の動きに
ダブッて見えます。
羽ばたきの理論化は難しすぎて誰も手を付けてないと思いますが
揚力理論と抵抗理論の混在以上の物でしょう。
分離して試行錯誤して、その次にはミックスした道具を
作れたら良いと思います。

横国の実験では入水角や水切り角等は実際漕いでいる人には
良く知られている事実の確認実験でしょうし
揚力係数が理論の数値と大きく違っているのは
櫓の理論としては不適当だということです。
そこを説明できる理論は出来ていません。
パワーフィンは向かえ角が一定なので、櫓よりも理論化しやすく
非定常流体理論の第一歩になりそうな研究課題だと思います。
若いときにパワーフィンを知っていれば、一生これの研究で
楽しく人生を送れたのだろうと思います。

練り櫂は離着岸での小回りのための道具でスピードは出ないだろう

思っていましたが、隣の舟の方が、櫓と競争して勝ったと言うので
一日櫂の漕ぎ方を習いましたが、スピードが出るのは
パドルのような漕ぎ方、櫂の船体への固定点を中心にした抵抗漕ぎ
でした。
それじゃダメじゃん という感じです。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re^6 ?: パワーフィンは長くあるべき、、揚力漕ぎ、抗力漕ぎ
土井 MD 2011/06/12 12:36:18
天狗芝藤さん、ど〜も (^-^)/

>> 揚力漕ぎでも抵抗漕ぎでも良いので
>> 簡単で効率よく舟を推進させる道具が欲しいのです。
>>
 …そうなんですっ! それこそビルダーの夢でしょう。
そんな面白いテーマを自由に考えられるのは贅沢なことです。

>> ひょっとするとオールやパドルの方が効果的ではないでしょうか
>>
 …オールもパドルも、どちらも何千年も廃れず、使われ続けて
います。 ですから、それらが優れた抗力漕ぎの装置であること
は間違いありません。

 しかし、多くのビルダーが櫓やパワーフィンの不思議な魅力に
ひかれて、チャレンジし、、失敗から学んでいるのだと思います。

実践とそれに伴う失敗は貴重な財産ですから、ぜひこちらで発表
して欲しいと思っています。
もちろん成功例もお願いしたいです (^-^)
「GLラボ」では、ボートビルダーが失敗例を胸を張って発表
できる「場」を作っていきたいのです。


一流の先生方の論文は「GLラボ」などではなく、もっとそれに
相応しい場で議論して頂けば良いのではないでしょうか?

学者さんは滅多に自分の失敗を発表しません? から、、読み手
からは物足りないことも多いですよね (。_゜)☆\パシッ(^^;


 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンは長くあるべき、、なのか!?? …非定常流!?
高橋 2011/06/11 23:43:29
芝藤さん、みなさん

和船の練り櫂は離着岸の際、長い艪が周りの障害物に当たって漕げ
ないときに使っています。前後左右の小回り操船を目的にしている
ため、これを追求しても高速は実現できないでしょう。

艪や櫂のように船体に支点を取っている漕具は、ブレードの位置に
よって最適迎え角が異なります。理由は支点から離れるほど速度が
早くなるからです。

一方、パワーフィンはブレードの全長に渡って速度が同じなので、
漕具の中で原理的に最も効率のよいものだと思います。

艪では揚力が最も大きくなる失速角直前の迎え角を使用します。こ
の領域で失速するとゴツゴツした手応えがあるからわかります。

艪の迎え角は、ブレードの先端が最も小さくなります。理由は先端
の速度が最も速いからです。艪受けに近づくにつれてブレードの移
動速度が遅くなるので迎え角を大きくできれば理想的です。飛行機
のプロペラはこのようにできています。

しかし、艪は往復運動をしているためプロペラのような細工ができ
ません。その代わり艪をしならせて先端ほど実効迎え角が小さくな
るようにしています。しなる艪は早いと言われているのはこれが理
由です。

オールやパドルを使う抵抗漕ぎの対象はカヌーやエイトのように特
別に軽い舟でしょう。貸しボートくらいの重さになるとオール漕ぎ
ではすぐに疲れて嫌になります。これを艪漕ぎすると、よく進む割
に疲れなくて快適です。

大学の先生の文献を読んでも、どのようにしたら早く漕げるかは書
いてありません。多分、従来の揚力理論では解析できなくて、非定
常という便利な言葉を持ち出したのでしょう。これでは艪がわから
ないと言っているのと同じです。横浜国大の文献で私が役に立つと
感じたのは伝統艪の揚力係数実測データだけでした。理論は実在す
る現象の後付け講釈です。理論で説明できないというのは、その理
論が艪の理論ではないからでしょう。

舟を漕ぐ道具は揚力漕ぎと抵抗漕ぎの要素が混在しています。漕具
の改良をするときは、この二つの要素を分離して考えながら試行錯
誤をするしか方法がないと思います。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
パワーフィンは長くあるべき、、なのか!?? …非定常流!?
天狗芝藤 2011/06/11 13:35:41
高橋さん土井さん皆さん こんにちは
私のパワーフィン2の失敗はフィンのアスペクト比が
低いからだという高橋さんの指摘に賛成します。
私も次の実験では細長いフィンを作ろうと考えていました。
翼理論を勉強した人間なら誰でも考える事でしょう。
ただ 私は翼理論を適用すれば良い結果が出ると思っていたのです

最近は抵抗漕ぎと言われるパドルも侮れないとかんがえています。

、今考えているのは揚力漕ぎでも抵抗漕ぎでも良いので
簡単で効率よく舟を推進させる道具が欲しいのです。
ひょっとするとオールやパドルの方が効果的ではないでしょうか。

木下先生の実験ではオールのブレードは
入水する時から離水する時まで、
ブレードに当たる水流の角度が変化する(上から見ると
ブレードは鉛直を軸として回転運動している)ので
固定の板の水中抵抗より3倍位大きい流体力、抵抗値を示します。

横浜国大での櫓の流体力の実験でも櫓の発生する力は
揚力理論の3倍位の揚力係数を示していました。
櫓の発生する力が大きいのは、鳥が羽ばたく時(非定常運動)の
揚力が大きいのと同じです。上空を羽根を広げて、
羽ばたかずに飛んでいる時(飛行機の飛行と同じ定常運動です)よ
りも
離陸時など速度が低い時には、羽ばたいて揚力を大きくしないと
飛び立てないのです。

揚力漕ぎ、抵抗漕ぎの二つの理論だけでは十分に説明の出来ない
現実の櫓やオールやパワーフィン等、流れに対するブレードの
迎え角が変化し続ける装置を説明する理論はまだ無いようです。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: Re^2: パワーフィンは長くあるべき、、なのか!?? …非定常流!?
高橋 2011/06/10 19:10:23
みなさん

パワーフィンで動くような低速領域は定常流の範囲に入るはずで
す。このような低速で定常流の理論が成り立たなかったら、この理
論はどのようなときに使うのでしょうか。

芝藤さんのヨットのラダーを使ったパワーフィンは、長さに較べて
幅が広すぎます。翼理論では翼の長さに較べて幅が広くなるほど揚
抗比が小さくなります。すなわち、揚力(前進力)に較べて抗力(舟
を左右に揺する力)が大きくなります。グライダーの翼をイメージ
するとわかりやすいと思います。

東大の先生のボートのオールは抵抗漕ぎのケースなので、揚力は発
生せず、したがって揚力理論は関係なくなります。そのため非定常
流と考えたのでしょう。

私のこれまでの経験では単純な揚力理論で現象の説明ができまし
た。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re^2: パワーフィンは長くあるべき、、なのか!?? …非定常流!?
土井 MD 2011/06/10 16:54:21
天狗芝藤さん、ご意見ありがとうございます。

 天狗芝藤さんのサイト「和船船大工弟子入り日記」を
GLラボからご覧になれるようにリンクを貼りました。
「LINK」ページからご覧頂けます。 
和船の建造、漕ぎ方、譲渡情報など豊富です!

皆さま、よろしくお願いします m(_ _)m


ところで、、
>> 飛行機の翼の理論を当てはめてフィンに一定の流れが当たり
>> 揚力の発生する時間を長く取ろうと試みたのですが、
>> 私のは失敗でした。
>> これは翼の理論を適用するのが間違いなのだと思います。
>>
>> パワーフィンの推進力は定常翼理論での揚力ではなく
>> 練り櫂を理論化した非定常流体力を考えるべきなのでしょう。
>>
 …1つの失敗?の理由を 1つの理論だけに結論づけるのは、、
どうでしょうか (^_^;)?
「新しい失敗」には多くの原因が複雑に関連しているものなのでは
ないでしょうか?

GLラボ としては、
失敗の原因を見つけ出す為の、新たな実験を期待したいです。

例えば、、どれくらいの長さが最適だったか?
長いアームを、少しずつ短くしていったらどうなった? とか 
です〜、よろしく m(_ _)m

 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィンは長くあるべき、、なのか!??
天狗芝藤 2011/06/09 12:31:50
小境さんの次の実験に水を差すようで申し訳ないのですが
一昨日思いついた意見を書きます。

操縦棒を長くして振れ角度小さいもののフィンの動く距離を
長くしようとしたパワーフィン2は飛行機の翼の理論を当てはめて
フィンに一定の流れが当たり揚力の発生する時間を長く取ろうと
試みたのですが、私のは失敗でした。
これは翼の理論を適用するのが間違いなのだと思います。

パワーフィンの推進力は定常翼理論での揚力ではなく
練り櫂を理論化した非定常流体力を考えるべきなのでしょう。
非定常流体力は東大の生産技術研究所の木下教授が考え始めた事で
理論化はまだまだですが、オールのブレード(彼はボート部だった
もので)
の発生する力に関する論文が出ています。

高橋さんの実験で小さいフィンで漕ぐピッチを早くしたら
同じスピードが出たと言う結果から
フィンの角度や速度が速く変化する、早いピッチの漕ぎ方の方が
パワーフィンには適しているのでは と思います。

練り櫂は左右に短い距離を動き、両端でフィンの向きが90度変わ

八の字運動です。昨日練り櫂のベテランに指導を仰いだのですが
ベテランが漕いでもあまり速くはなくパドルで漕ぐ方が進みまし
た。
パワーフィンとパドルを比べたらどうなるのでしょう。
パドルの方が実用的な推進力が大きいのではないでしょうか。


 引用しない
 編集キー
▲ page top
パワーフィンは長くあるべき、、なのか!??
土井 MD 2011/06/09 00:44:41
パワーフィンに関するご意見の数々、ありがとうございます。

天狗芝藤さん、、

>> 操作棒の支点を高橋さんのように船内に持ってきて船内の長さ
>> の三倍以上を船外に確保し、フィンの左右に動く距離を長く
>> とります。
>> 横向きに座って押したり引いたり櫓のような動きで操作棒は
>> センターラインに対して20度以内位なら単純な構造のパワー
>> フィンでも良く働くのではと期待します。


高橋さん、、

>> 本格的に速度記録に挑戦するには、長い柄を使用して振れ角を
>> 減らし、ねじれないように柄と支点を剛性の高い金属で作る
>> 必要があると感じています。
>>

 …図らずも、同じご意見を頂きましたねぇ (@_@)!!
長いアームに取り付けられたパワーフィンなら、振れの角度が
小さくても良いので、往復の両端での流線の変化が少なくなり、
迎え角が有効に働くはずです、、よね (^_^)v

実は、小境さんも、、そんな実験を進めておられます!
 「パワーフィンを考える」ページで順次掲載準備中です(^_^;)
お楽しみに   m(_ _)m


 引用しない
▲ page top
Re: 私のパワーフィンの実験結果…写真アップしました m(_ _)m
土井 MD 2011/06/09 00:15:19
天狗芝藤さん、写真を送って下さってありがとうございました。

 さっそく「パワーフィンを考える」ページに掲載しました。
皆さまもご覧下さい m(_ _)m


 引用しない
▲ page top
実験その2
天狗芝藤 2011/06/07 17:41:51
写真 パワーフィン2で改良しようとしたのは
フィンに働く力で操縦棒が捩じられて推進力が逃げるのを抑えよう

太い棒を取り付け部の下、水面近くに持ってきて捩じるレバーを
小さくしました。
棒も長くして、軽いシーホッパに取り付けたのですが
全然スピードが出なくて お蔵入りしています。
高アスペクト比のフィンを作ってリベンジしようと計画中。
アドバイスを頂けましたら幸いです。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
私のパワーフィンの実験結果
天狗芝藤 2011/06/07 17:30:45
平成20年夏の実験です。
お送りしました写真のパワーフィン1を使いました。
操縦棒は手元が1で支点からフィンまでが2の割合で使用しまし
た。
1対3の方が良さそうです。
フィンの角度が重要です。操縦棒に直角を0度と定めます。
25度では進み始めても加速しない。
船体の前進速度で発生する流れの角度が
20度から30度になって揚力が出なくなる。
50度が順調に漕げる。軽い力で漕げるので物足りない。
500kgの和船ではスピードは出ない。
フィンの速度は両端でゆっくり、舟の真後ろで速くなるように漕ぐ
と良さそう。
漕ぎ始めは操縦棒の動きは大きくても良いが、
スピードが出たら棒の動きを小さくした方が、
船体の前進速度によるフィンへの水の流入角よりも
大きな迎え角を維持出来るようだ。
元ヤマハの方にパワーフィンのパテントをお聞きすると
ヤマハは商品化を諦めたから自由に作って構わないそうです。
実用化させて売り出しましょう。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: 私のパワーフィンの実験結果…ガッテン!
土井 MD 2011/06/07 12:10:40
高橋さん、こんにちは (^-^)/

 精力的な実験、ご苦労様です m(_ _)m

>> 浸水長30cmで漕いだときも速度はほとんど変わりません
>> でした。その代わり、漕ぐピッチは1.4倍になりました。
>> 揚力はブレード速度の2乗に比例するという理論通りの
>> 結果でした。
>>
 …ブレードの面積が半分になっても√2倍の速度で漕げば
推進力は同じ 、、なるほど、解っているはずの理論でも
このように実証されると、、「ガッテン・ガッテン!」ですね。


 引用しない
▲ page top
Re: 昔のパワーフィン実験…振れ角の問題
土井 MD 2011/06/07 12:03:12
天狗芝藤さん、ど〜も (^-^)/

 パワーフィンの実験の様子をもっとお知らせ下さい。

>> 私はフィンと操作棒の角度を決めているロープを操作棒の
>> 振れ角と連動させて長さを変える事を考えていました。
>>
 …迎え角の問題では、これもアイディアですよねっ!
高橋さんも、おなじお考えの様ですが、、その後どうでしょう?

 引用しない
▲ page top
私のパワーフィンの実験結果
高橋 2011/06/06 21:41:15
みなさん
 ホームページの写真にあるパワーフィンは、最初の実験のとき
13ftのスパロー2人乗りで瞬間最高6.5km/h(GPSによる)が出まし
た。艪と違って漕ぐ技術は不要です。実験に参加した3名が似たよ
うな速度をだしました。技術がいらないために漕ぐ操作はすぐに飽
きてしまいます。

 ブレードは幅9cm、浸水長60cmでした。私が出せる力ではこ
のサイズが丁度良いようです。ブレード幅を12cmに広げたものは
抗力が大きくなるためか、かえって速度が出ませんでした。

 ブレードの浸水長を無段階に簡単に変えられるようにし、浸水長
30cmで漕いだときも速度はほとんど変わりませんでした。その代
わり、漕ぐピッチは1.4倍になりました。揚力はブレード速度の2
乗に比例するという理論通りの結果でした。

 その後作った5台のパワーフィンは、すべて柄を水平に伸ばして
そこからブレードをぶら下げる構造にしたため、ブレードの抵抗で
柄がねじられて水が逃げてしまうようです。最初の箱形の柄のよう
な速度が出せません。支点を船内に置くためには、この構造になっ
てしまいます。

 ブレードの振れ角を調整するロープは手元で調節できるようにし
てあります。ステンレス製カーテンレールの溝の中を滑るアルミの
ブロックを蝶ナットでロックするようにし、これにロープの一端を
結びました。スタートの時はブレードの振れ角を大きくし、速度が
出たら小さくします。ただし、高速時に合わせた振れ角で始動して
も、はじめにヨーイングが少し大きくなる程度で実用上は問題あり
ません。

 本格的に速度記録に挑戦するには、長い柄を使用して振れ角を減
らし、ねじれないように柄と支点を剛性の高い金属で作る必要があ
ると感じています。

 

 

 引用しない
 編集キー
▲ page top
昔のパワーフィン実験
天狗芝藤 2011/06/06 18:14:45
土居さん 小境さん こんにちは
パワーフィンの自作愛好者が増える事を期待しています。
二年前のパワーフィンの実験を思い出すと、木造和船6m排水量5
00kgの
舟に櫓とパワーフィンを付けて比較していました。フィンにラダー
のブレードを
使っていたのでアスペクト比が小さかったと思います。櫓に比べて
推進力が小さく
今一 パワー不足でした。縦櫓と同じくトルクが小さいと言うか、
スタート時に櫓のような力強さを求めてはいけないのだろうと 今
は思います。
往復運動の両端部分(操作棒が大きく振れている所)ではブレード
の迎い角(水切り角)が小さくなって推力が出ない事も気が付いて
いました。小境さんのリンクさせるアイデアは優れています。私は
フィンと操作棒の角度を決めているロープを操作棒の振れ角と
連動させて長さを変える事を考えていました。が今は操作棒の振れ
角を小さくすることで
推力を確保出来ないかと考えています。操作棒の支点を高橋さんの
ように船内に持ってきて船内の長さの三倍以上を船外に確保し、フ
ィンの左右に動く距離を長くとります。
横向きに座って押したり引いたり櫓のような動きで操作棒はセンタ
ーラインに対して
20度以内位なら単純な構造のパワーフィンでも良く働くのではと
期待します。




> パワーフィンの話題が出ましたので、、
>急遽「新企画:パワーフィンを考える」ページを新設しました。
>表紙から ↑ こちらをクリックしてご覧下さい。
>
> 取り急ぎの掲載で,未完成ですが (。_゜)☆\パシッ(^^;
>常連の小境さんの実験を引き続き掲載していきます、よろしく。
>
> こちらの掲示板でもご意見をお願いいたします m(_ _)m

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: パワーフィン教えてください。…新ページ作りました!
土井 MD 2011/06/05 23:06:58
 パワーフィンの話題が出ましたので、、
急遽「新企画:パワーフィンを考える」ページを新設しました。
表紙から ↑ こちらをクリックしてご覧下さい。

 取り急ぎの掲載で,未完成ですが (。_゜)☆\パシッ(^^;
常連の小境さんの実験を引き続き掲載していきます、よろしく。

 こちらの掲示板でもご意見をお願いいたします m(_ _)m

 引用しない
▲ page top
Re: パワーフィン教えてください。…
土井 MD 2011/06/05 19:50:13
天狗芝藤さん、こんにちは (^-^)/

 「パワーフィン」はまだ馴染みが薄い手漕ぎ装置ですよね。
原理は「AD-スカル」など縦櫓とまったく同じですが、効率的には
もっとも優れていると考えられます。
しかし機構的に複雑になる為か? あまり見かけませんねぇ。

WBBM の常連の 高橋さんが数年前から実験を続けています。
同じく常連の Neverland さんや、小境さんもお詳しいですよ。

 近く、GLラボでもパワーフィンの特集を始めようと思っていた
ところですので、とても良いタイミングです。
皆さまからのご意見をお待ちします、よろしく m(_ _)m


 引用しない
▲ page top
パワーフィン教えてください。
天狗芝藤 2011/06/05 17:43:28
櫓帆走を試みていますが櫓の腕(船内部分)がブームやホースロー
プと交錯するので
パワーフィンが適しているようにも思われます。練り櫂も師匠が見
つかったので練習してみようと考えていますが、まずは以前作った
パワーフィンを改良して使いましょう。
現時点で最も推進効率の良いパワーフィンのブレードの断面形状、
厚み、寸法、アスペクト比、操作棒(レバー)の支点前後の長さの
比、ブレードの振幅角度の最適値など
企業秘密で無ければ教えてください。ベストの設計図なんて ない
でしょうか。

 引用しない
 編集キー
▲ page top
Re: 櫓帆走 ← 新語ですね (^-^)/
天狗芝藤 2011/05/27 11:13:41
以前シーホッパーに櫓を付けて漕いで見ました。センター無しでは
風で横流れするしバウは左右に振れます。センターを挿せば直進性
はすごく良くなりました。ラダーは無くても直進性は十分だとおも
います。私の20尺和船ではディンギーのラダーをトダテに付けっ
ぱなしですので、ラダーはヨーイング防止にも役立っているとおも
います。
ラダーと言うよりもティラーの方式は土井さんの制限式が一番当て
はまります。固定ではないし事由でもないのです。仏教で言う、
有 無 の中道を行く感じ。(大げさですが今ナーガールジュナを
読んでいる影響です。)
やり方はティラーの持つ辺りにロープの端をくくりつけコックピッ
ト内の四箇所の滑車を通って一周させ またティラーにくくりつけ
ステアリングループを作っています。ループは付いたままで舵が切
れます。ある程度抵抗になるので舵は切ったままの位置で止まって
います。ティラーから離れてバウでもこのループで操船出来ます。

 引用しない
▲ page top